リフォーム直後にやるべきこと【お風呂編】

更新日:2021.06.09
カテゴリー:コラム

 

リフォームしてキレイになったら、その状態をできるだけ長く保ちたいですよね。

また、キレイに保つことで、劣化などを遅らせることもできます。

そこで今回は、少しでもキレイな状態を長持ちさせるために、

リフォーム直後にぜひやっていただきたいちょっとした工夫をご紹介します。

 

1.浴室の防カビ

新品のお風呂になっても、やはりカビは発生します。かといって、頻繁に壁などの広い範囲を掃除するのも大変ですよね。
そこで役に立つのが防カビ剤です。浴室内に防カビ効果のある煙や霧を散布してくれて、カビの発生を抑制します。
使用するときは、お風呂の換気扇を切って、浴室内を密室にしましょう。十分に散布したらまた換気扇をつけて終わりです。
これで1~2ヶ月ほどはカビの発生がかなり減ります。効果が切れる頃にまた防カビ剤を散布すれば効果は持続しますので、
定期的に使用するのがいいかもしれません。お子さんがいるご家庭だとお風呂におもちゃが置いてあったりすると思いますが、
そういったものに付着してお子さんが舐めたとしても問題ない商品もありますので、何もどかすことなくそのままの浴室に
使用できるのが楽でいいですよね。効果の有効期間や使用方法、人体への影響に関しては商品ごとに異なりますので、
使用前に取扱説明書をよく確認しましょう。

2.浴槽の撥水コーティング

浴槽には使用前に撥水コーティングをしておきましょう。これにも様々な商品がありますが、
使いやすいのは霧吹きみたいにコーティング剤を塗布して塗り延ばすタイプのものでしょうか。
これをやっておくと汚れを弾いてくれて、汚れにくくなります。余裕がある場合は、浴槽以外にもやっておくといいでしょう。

3.段差をマスキング

浴室の出入り口にある小さな段差にはマスキングテープを貼っておきましょう。この段差にはカビが発生しやすいですし、
汚れも溜まりやすいです。そこにマスキングテープを貼っておくことで、テープの上についたホコリを取るだけでよくなり、
掃除がしやすくなります。マスキングテープは透明なものか白の半透明のものが目立たなくておすすめです。
また、床などに傷がつかないよう、はがしやすいものを貼るようにしましょう。