外壁目地の打替えリフォーム

更新日:2021.05.08
カテゴリー:コラム

 

家を購入してから家のメンテナンスはしていますか?定期的にチェックするのが一番良いのですが、意外にも気にしている人は
少ないのではないでしょうか。例えば、家の外まわりはいかがでしょうか。外壁の汚れは気になっても目地までは目が行き届かない
のではないかと思います。目地とは、家の外壁材と外壁材のつなぎ目のことをいいます。この目地の部分にはコーキングがしてあります。

この外壁目地のコーキングが、経年劣化や紫外線により
  ・コーキングに細かなヒビがあったり・・・
  ・コーキング剤が割れていたり・・・
  ・外壁との間にすき間ができていたり・・・
このような症状を見つけたら、コーキングリフォームの目安と考えましょう。劣化した目地のコーキング部分から雨水や湿気が
外壁内部に入り、壁の内部に水が入ってきます。そうなると、家の劣化が進んだり、シロアリの原因にもなります。

また、コーキング剤にも耐用年数があり、長くて10年ほどだと言われています。ただし、家が建っている環境によっては、もっと
短くなる場合もあります。では、どうしたらよいでしょうか?

目地の主なリフォームには、
  ★打ち替え・・・劣化したコーキングを取り除き、新たにコーキングを打つ方法
  ★増し打ち・・・現状の目地ははがさずに今のコーキングの上に、新しいコーキングを打ち足す方法
などが、あります。

 

外壁の目地は目の行き届かない部分ではありますが、家全体にとってはとても重要な役割がありますので、外壁の目地の点検は
定期的に行う必要があります。ですから、時々は家の目地がどのような状態になっているか、確認してみるといいですよね。
もし気になるような症状を見つけたら、外壁目地のリフォームを検討する時期になりますので、お気軽にお問い合わせください。