クローゼットリフォームでスッキリ!

更新日:2021.04.17
カテゴリー:コラム

 

生活しているといつの間にか物が増え収納場所に困ってしまいます。収納が欲しい!と思ったとき

押し入れを利用して、壁面クローゼットにしようか、他の部屋を利用して、ウォークインクローゼットに

しようかって迷いますよね。どちらの収納スタイルがよいのでしょうか。



★クローゼットとは・・・

寝具、衣類、道具などを収納するための空間で、ひとことでいうと押し入れのことになります。可動棚やパイプを取り付ける
ことによって、そのサイズに合わせた収納が可能な大型収納で、とても使い勝手がよく、また部屋全体もスッキリと見せる
ことができます。

★主なクローゼットの種類


〈壁面クローゼット〉
部屋の壁面に衣類を一列に並べて収納するタイプです。上部には衣類をハンガーにかけて吊るし、下部のスペースには、
衣装ケースを置いて季節ごとに整理できます。比較的小スペースでのリフォームが可能です。扉は、開き戸や引き戸、
折れ戸などを取り付けますが、最近は見せる収納として、扉を付けないオープン型にする方も増えています。また、扉の
代わりにカーテンやロールスクリーンにすることも可能です。




〈ウォークインクローゼット〉
歩いて入れるスペースがあるタイプです。小部屋のような空間ですので、衣類以外の小物や家電の収納にも役立ちます。
中で着替えたりもできますので、大変便利ですが、ウォークインクローゼットをつくることで他の居室空間がせまくなる
ことがあります。また、収納するスペースは広いですが、物を入れ過ぎて、動線が確保できなくなることもありますので、
気を付けたいところではあります。ですが、収納力の高さと使い勝手はかなり良いといえます。


いかがでしたか。衣類や小物を片付ける収納も暮らし方によってそれぞれ違ってきますので、ご自宅にあったクローゼット
リフォームをご検討ください。