昔は多かった?クローズドキッチンの魅力【メリット編】

更新日:2021.04.01
カテゴリー:コラム

 

キッチンと言えばオープンキッチン(壁で隔てることなくリビングとつながっているキッチン)を

思い浮かべる方が多いと思います。このタイプのキッチンは、近年流行りだしたタイプのキッチンで、

ひと昔前まではクローズドキッチン(キッチンだけで1つの部屋のようになっているキッチン)が主流でした。

今は選ばれることが少なくなってきたクローズドキッチンですが、実はメリットもたくさんあります。

流行にとらわれず、自分の使い方あったキッチンが欲しいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

クローズドキッチンのメリット

【子供やペットの侵入を防ぐことができて安全】
クローズドキッチンは、基本的に出入り口以外は壁で囲まれています。ですので、小さなお子さんやペットがいるご家庭では、
出入り口にベビーゲートなどを設置するだけで侵入対策ができます。オープンキッチンだと、キッチン正面が壁ではなく、
リビングやダイニングになっている場合が多いため、侵入対策を講じることは難しいですよね。
猫を飼っているご家庭では簡単にキッチンに飛び乗られてシンク内の三角コーナーを荒らされるなんてこともあるみたいですし、
小さなお子さんがいるご家庭では調味料をなぎ倒されたなんて話も聞きます。
ですので、小さなお子さんやペットにキッチンに入ってきて欲しくないという方にはクローズドキッチンがおすすめです。
【料理に集中できる】
個室のようになっているクローズドキッチンでは、料理に集中しやすいのではないでしょうか。
特に、料理が趣味という方でしたら、自分の趣味の時間に没頭できますし、キッチンを自分好みに仕上げることで、
お家の中でも特別な空間を作り出すことができます。誰にも邪魔されないで、料理を楽しみたいという方にぴったりでしょう。
【リビングなどに匂いが充満しない】
オープンキッチンだと、リビングに料理の匂いが充満してしまいますし、ソファやカーテンにも匂いが移ってしまいます。
また、その匂いを消そうとして換気扇をつけると、室内の暖かい空気もしくは冷たい空気が出ていってしまい、
外の空気が入ってきてしまうので、冷暖房の消費電力が増えてしまいます。それに比べて、クローズドキッチンでは、
キッチン以外の空間に匂いがいきにくくなりますし、換気扇をつけてもキッチン外の空気を交換しにくくなり電気代の節約になります。
【多少散らかっていても大丈夫】
クローズドキッチンは外から中は見えませんので、来客があったときに散らかっていても心配いりません。
また、オープンキッチンはお部屋全体の景観に関わってくるので来客の有無にかかわらずキレイにしておかないと
見栄えが悪くなってしまいますが、クローズドキッチンの場合はそのようなこともありません。
散らかしていると小さなお子さんやペットがいるときに危険ですが、キッチンに侵入できないようにしてしまえば
その心配もいらないので、気楽にキッチンが使えるのも嬉しい所ですよね。
【好きなように収納できる】
調味料は使いやすいようにワークトップに並べたい、キッチンペーパーは取り出しやすいように引っ掛けておきたい、
調理器具は壁にかけたい…などの要望はオープンキッチンだと難しいです。なぜなら、それらの小物を外に出しておくと
小さなお子さんやペットが触ってしまう危険がありますし、オープンキッチンなのにワークトップに物がたくさん置いてあると
見栄えが悪くなる可能性がありますし、そもそも壁があまりないので物をかけたりすることもできないからです。
ですが、クローズドキッチンであれば前述したように、勝手に触られる心配も、見栄えが悪くなる心配もありません。
もちろん物をかける壁だってたくさんあります。ですので、使いやすさにこだわった収納がしたいという方は
クローズドキッチンの方がいいでしょう。