場所別!おすすめのリフォーム時期【外壁編】

更新日:2021.01.09
カテゴリー:コラム

 

そろそろリフォーム時期かな?と思っても、目立った破損や故障がない限り、

リフォームに踏み切るという方は少ないのではないでしょうか。

見た目は大丈夫でも見えないところで劣化が進み、

気づいたときには手遅れ…なんてこともあるので注意が必要です。

そこで今回は、リフォームした方がいいタイミングとリフォームに最適な季節を場所ごとにご紹介します。

 

1.外壁のリフォームタイミング

外壁は10年を目安にリフォームするのが理想です。もちろん、素材や日の当たり方など家ごとに外壁の寿命は異なりますが、
まずは10年経ったら専門の業者に点検を依頼しましょう。外壁はひび割れが発生するとそこから雨などが侵入して、
家の柱などの劣化を進行させてしまいます。そうなってからでは、家の構造部分まで改修をしなければならなくなり、
かなり大規模なリフォームとなって費用が高額になります。ですので、見た目に分かるような異常がなくても10年経ったら点検をし、
被害が大きくなる前にリフォームや修繕をするようにしましょう。また、10年という目安以外にも、
チョーキング現象(壁を触ったときに壁の色と同じ色の粉が手に付着すること)、雨漏り、汚れやコケ・カビがひどいなどの現象が
見られた場合は外壁の寿命が近いサインです。

2.外壁のリフォームに適した季節

外壁のリフォームは、行うと良い季節、あまり行わない方が良い季節がはっきりしています。
理由は、気候によって塗料の乾燥が遅れたり、塗料の伸びが悪くなったりするからです。
また、雨の多い梅雨の時期は工事が出来ない日が続き、工期が伸びてしまうこともあります。
ですので、最適な季節は、寒すぎずじめじめしすぎない春や秋です。特に春は秋に比べて台風が来ることもなく、
安定した気候のおかげでスムーズに工事が進むことが多いです。ですが、人気の季節で工事が集中するので、
もし春に外壁リフォームを検討している場合は早めに計画をしましょう。