床材選びの参考に!無垢材フローリング【ケヤキ編】

更新日:2021.01.22
カテゴリー:コラム

 

素晴らしい杢目を持つ国産欅(ケヤキ)無垢フローリング。

丹精でありながら様々な表情を持つ欅(ケヤキ)は日本の国産広葉樹の中でもとても貴重な素材です。

今回は、高級木材とされている欅(ケヤキ)についてご紹介します。

 

欅(ケヤキ)材は日本の高級木材の代表格として、古くから様々な建築物で使用されてきました。
木目が美しく観賞価値が高い他、堅い材質であり摩擦に強い特徴もあります。
高貴な香り、深まるえんじ色(黒みを帯びた濃い紅色)、様々な表情を見せる杢目は、日本家屋特有の重厚感溢れる空間を演出します。
 

1.欅(ケヤキ)とは

ニレ科広葉樹です。日本では、北海道を除く本州、四国、九州のほぼ全域に分布しています。
日本の広葉樹の中でも最高クラスの良材として知られ、古くから神社や仏閣の建築材として重用されてきました。
樹齢が長く、大木になることから神社や大きな屋敷などにも古い欅(ケヤキ)が良く見られます。
街路樹としてもよく植えられ、街中でもケヤキ並木として良く見かけることができる樹木です。
その立ち姿のままに魅力あふれる材の表情が、日本人の持つ「侘び」「寂び」の精神世界にまで深く入り込む、銘木中の銘木です。
木材でケヤキは「木の王様」と言われる事もあるように「高級材」とされています。
 

2.欅(ケヤキ)の特徴

国産の欅(ケヤキ)は、色・艶・香りともに独特です。また、杢目でも様々な表情で楽しませてくれます。
色は、浅い朱色から臙脂色(えんじ色)へとどんどん深みが増していきます。
艶も使い込むと素晴らしい光沢があらわれ、さらりとした肌触りです。
寺院やお屋敷の手すりや大黒柱などに使われる為、欅(ケヤキ)だと意識しなくてもその高貴な香りは、一度は感じたことがあると思います。
材質は、非常に重厚で強度があり、耐久性や弾力性、耐水性にも優れている反面、乾燥がとても難しいため、厚い材の状態で長い時間をかけて
ゆっくりと水分を抜く必要があります。
心材は赤褐色、辺材は黄褐色、導管の配列が環状に配置しているため年輪ははっきりしています。

 

いかがでしたか。欅(ケヤキ)は経年変化が楽しみな木材です。伐採後、乾燥させたばかりの時は、オレンジや黄色っぽい色合いである欅(ケヤキ)も、
使い込むことによってどんどん赤味が濃くなり、最終的には朱色やこげ茶色にまで変化します。また、合わせて木目も黒くはっきりとしてきます。
無垢材フローリングの魅力は、一枚一枚の木目の表情や色味の微妙な違いを楽しめ、温かさと居心地のよさを与えてくれるところにあります。
ぜび、リフォームする際のご参考にしてくださいね。
                                           写真:プレイリーホームズ(床材)より