ガーデンパンって必要?役割とメリットをご紹介!

更新日:2020.12.17
カテゴリー:コラム

 

ご自宅のお庭に立水栓を設置している場合、

その下にガーデンパンという水受けを置いていますか?

このガーデンパンがあるとないとでは大違いです。

また、どんなもの置くかによっても、その役割が変わってきます。

そこで今回は、ガーデンパンの役割やメリットについてご紹介します。


 

1.ガーデンパンの役割とメリット

ガーデンパンとは、お庭の立水栓の足元に設置してある水受けのことです。
これがあることで、蛇口から出る水が飛び散ったり、立水栓の足元に水たまりができることを防いでくれます。
ない場合は、地面に直接水が当たるため、作業をしている自分に水がかかったりして不便です。
特に冬場は体や足を濡らしたくないですよね。また、作業中に水がかかること以外にも、
地面が土の場合は水たまりができたり、泥水が飛んで車や家の外壁を汚してしまうことがあります。
地面がコンクリートの場合は、泥水が飛ぶという心配はあまりないかもしれませんが、
何年も水が滴り落ちることで穴が空いてしまう場合もあります。そして、立水栓の設置場所次第では、
使用した水が地表を伝って排水されることになります。それだと見栄えも悪いですし、
コンクリートの上を伝って排水してしまう場合は、何年も経つと水が流れた跡が残って汚くなってしまします。
以上の不都合を解決してくれるのがガーデンパンなのです。

2.ガーデンパンの種類

ガーデンパンにも様々な種類があります。四角形、丸型、砕石を敷き詰めるタイプ、レンガ造り、ステンレス、陶器…。
ガーデンパンは立水栓と合わせてお庭の景観に大きく影響するため、見た目にこだわったオシャレな作りのものも
たくさん販売されています。中でも砕石を敷き詰めるタイプのものは、他のタイプのものより、
水の飛び散りをより軽減してくれます。ステンレスのものは、商品にもよりますが、
少し水音がうるさい場合があるので注意が必要です。でも、シックな雰囲気やモダンな雰囲気のお庭には
ピッタリですね。また、ペットがいるご家庭では、散歩から帰ってきたときの足洗い場として
活用できるのもいいですよね。ペット用の少し大きなガーデンパンも販売されています。


このように、ガーデンパンにはメリットがいっぱいです。
まだ設置してないという方も、今あるガーデンパンに満足していないという方も、
気になったらお気軽にお問い合わせください。


図:トーシンホームページより