リフォーム新商品~IoT対応住宅用火災警報器~

更新日:2020.11.26
カテゴリー:コラム

 

もう冬になり、寒くなってきました。この季節は、空気が乾燥して火災が多い時期です。

ですので、Panasonicから出たIoT対応住宅用火災警報器を紹介したいと思います。



IoT対応住宅用火災警報器の特長

図:Panasonicホームページより

1.火元をすぐに発見!

この住宅用火災警報器は、業界で初めて火災検知時、出火をお知らせする機能が搭載されています。
音声による警報とお部屋をほのかに照らす白色LEDに加え、出火場所をお知らせすることで、避難を補助してくれます。

2.メンテナンス情報をスマホにお知らせ!

Panasonic製HEMS「AiSEG2(アイセグツー)」との連携により、火災検知場所を「AiSEG2」とスマートフォンにお知らせするとともに、
電池切れや交換時期、故障、電波異常などメンテナンス情報をスマートフォンで管理できるようになっています。

3.火災時に、家の照明を一括点灯!

火災検知時に、 「AiSEG2」を通じて、Panasonic製の照明用スイッチ「アドバンスシリーズリンクモデル」
「アドバンスシリーズリンクプラス」と連携し、部屋の照明を一括点灯させることで、避難をサポートしてくれます。


まとめ

火災はこの冬の時期に一番多く発生します。みんなも、火の元には、注意して安全に暮らしていきましょう。

また、この記事見て気になった方は、お問い合わせお待ちしております。