今すぐできるヒートショック対策リフォーム!

更新日:2020.11.22
カテゴリー:コラム

 

室内と室外の温度差が原因で起こる“ヒートショック”。これから訪れる冬の寒い時期に起こりやすい

ヒートショックを防止するための対策リフォームをご紹介します。

   

1.そもそもヒートショックってなに?

ヒートショックとは、急激な温度の変化で身体がダメージを受けることです。(日本医師会より引用)
暖かい所から寒い所へ移動することで起こる急激な温度変化の影響で、血圧が大きく変化することが原因で起こります。
ヒートショックが原因で、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性があり、命に関わる場合もあります。
 

2.どんなヒートショック対策がある?

〈洗面脱衣室にタオルウォーマーを取り付ける〉
お風呂から上がって冷たいタオルで身体を拭いたために、せっかく温まった身体が冷えてしまうということも・・・。
タオルウォーマーを設置すれば、タオルを温めてくれ、更にほのかに室内も優しく温めてくれる暖房効果があります。
 
〈トイレの便座を温水暖房便座に交換する〉
トイレの便座に座ったときのヒヤッとする感じ、寒い冬にはこたえますよね。トイレの便座を暖房便座や温水暖房便座に交換すれば、
ヒートショックのリスクが軽減します。
 
〈トイレ空間を温める室内暖房付きトイレに交換する〉
TOTOネオレストAH2WタイプやRH2Wタイプなら室内暖房という機能がついていて、温風でトイレ空間を温めてくれます。
また、設定した時間に作動する「タイマー室暖」やトイレの室内が約5℃以下になると自動で作動する「冷え込み防止」機能がついています。
ご高齢の方がいるご家庭におススメです。
 
〈浴室に浴室暖房を取り付ける〉
ユニットバスをまるごと交換するには予算がないという場合は、浴室内を温めるだけでも、ヒートショック対策になります。
浴室乾燥暖房機なら乾燥や換気も出来るタイプもありますので、便利ですよね。
 
その他に、浴室を最新のものに交換したり、窓の断熱化(内窓の設置)や断熱材による断熱リフォーム、床暖房の設置などご家庭に合わせた
ヒートショック対策をご提案させていただきますので、気になるという方はぜひ、お気軽にご相談ください。

 

いかがでしたか。これから訪れる寒い冬に備えて、我が家でもトイレと洗面脱衣室にヒートショック対策を検討しています。
浴室やトイレ、洗面脱衣室をより快適にリフォームして、寒いこの冬を乗りきりましょう。