断熱工事

更新日:2020.10.09
カテゴリー:コラム

 

段々と日が落ちるのが早い季節になってきましたね。

昼は暑いと思えば、夜は寒かったりして、最近くしゃみが止まりません。

あぁ~このくしゃみが早く治まらないかな、昼暑くて夜寒いなと考えていましたら、

断熱工事の事を今回は書こうと思いました。

ですので、今回は断熱に関するリフォームについてご紹介したいと思います。

 

 

断熱工事に関しては、家の中が夏は暑くて冬は寒いというのを改善したいというお家にしてほしい工事になります。
そもそも断熱というのは、夏場の暑い外気が家の中に入らないようにするとか、冬場の暖かい内気が外に出て行かないようにするものです。
なので、しっかりと断熱されていれば、エアコンの効きが悪いと感じることもなくなり節電にもなります。

 

断熱工事には以下の種類があります。

 

・壁に断熱材を入れる
・外壁に断熱塗料を塗る
・天井、床下に断熱パネルや断熱材を入れる
・窓サッシを変える

 

以上の項目が挙げられます。

 

壁や床・天井に断熱材を入れるのは一般の方もご存知かと思います。
ですが、窓サッシを変えることが断熱工事のなかでも効果的ということが、意外にもあまり知られていません。
家の中で、窓サッシが一番熱が逃げやすいポイントなので、私は窓サッシの工事を一番おすすめ致します。

 

今では、うち窓(二重窓)をつけたり、ガラスが2枚ついているペアガラスの窓サッシがあります。
そして、最近では俳優の福士蒼汰さんが㎝をやられているトリプルガラスなんてのもYKKAPから出ております。
以上のような窓サッシですと、冬場の結露や結露によるカビの心配も軽減することができます。
また、上記以外にもたくさん種類がありますので、断熱工事をしたいと思われている方は、お気軽にお問い合わせください。