失敗しない洗面化粧台の選び方

更新日:2020.10.04
カテゴリー:コラム

 

新しい洗面化粧台に交換したいと思っても、どんな商品を選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、正しい洗面化粧台の選び方をご紹介します。

 

 

1.サイズを確認

まずは洗面化粧台を設置したい場所にどれだけのスペースがあるか確認しましょう。幅と奥行きを測定し、
設置できるか洗面化粧台の大きさを明確にします。それから、場合によっては、排水管が手前過ぎて、
洗面台下の収納が確保できなくなってしまうこともあるので、壁から排水管の手前までの距離も測定しておきましょう。
 

2.レイアウトの確認

洗面化粧台を設置したい場所に、窓などの障害物がないか確認する必要があります。もし障害物があった場合、
L型の洗面化粧台しか選べないなどの制約がかかる可能性があります。
 

3.電気コンセントの確認

今までしようしていた洗面化粧台が古いものだった場合、電気コンセントがないこともあるので、
コンセントの移設などの電気工事が必要になります。ですので、電気コンセントの有無と位置を確認しておきましょう。
 

4.ユニット型かキャビネット型か

ユニット型とは洗面化粧台本体のみのもので、キャビネット型は洗面化粧台本体と収納を組み合わせたものになります。
ユニット型:狭い場所でも設置できますが、キャビネット型に比べて収納力が落ちてしまします。
キャビネット型:大容量の収納を確保できますが、設置場所に十分なスペースを必要とします。
家族が多くて複数人が同時に歯磨きをするというご家庭なら、スペースが広くてもキャビネット型にするより、
間口の広いユニット型にした方が使いやすさが向上したりするので、スペースや収納力だけでなく、
普段の使い方と照らし合わせて選択するのが良いと思います。
 

 

以上のことを踏まえて洗面化粧台を選べば、失敗することなく

満足できる選択ができるのではないでしょうか。

ご家族の使い方やご要望にあわせてご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。