洗面台の耐用年数とリフォームのタイミング

更新日:2020.08.29
カテゴリー:コラム

 

毎日使用する洗面所ですが、いつの間にか汚れがこびりついたり、不具合が気になるように

なっていませんか?とは言っても、洗面所をリフォームするタイミングは判断がなかなか難しい

ものです。 今回は洗面所のリフォームをする適したタイミングと、リフォームのポイントに

ついてご紹介します。

   

1.洗面所のリフォームを検討するタイミング

洗面脱衣所としてしている場合は、お風呂のリフォームタイミングに洗面所をリフォームされるケースもありますが、
今回は洗面所単体でどのような時にリフォームすべきかを考えます。
・洗面設備が耐用年数に近づいた時
水栓や配管などの耐用年数に近づいたとき、または超えてしまっている場合は、リフォームを検討するタイミングです。
現在使用している洗面設備のメーカーが公表している耐用年数を確認してみましょう。ただ、洗面所の使用頻度によって
耐用年数は変わってくるので注意が必要です。一般的な耐用年数を目安にして、何か不備があればリフォームを検討してみましょう。
(耐用年数を過ぎた頃には修理部品が廃番になっている可能性があるので注意しましょう)
・ひび割れ、水漏れなどが発生した時
栓や排水管などから水漏れがあったりする場合、まずは修理業者に修理を依頼して、リフォームを検討すべきか判断しましょう。
水漏れを放置していると、洗面台下の収納内部や床にカビが発生する可能性があるので注意が必要です。
・家族構成に変化があったとき
洗面所のリフォームを検討するタイミングの1つとして、家族構成に変化があったときです。子どもが生まれたり、二世帯で
暮らし始めたりすると、洗面所を使用する人数やタイミングが変わってきます。使用人数の増加に合わせて、洗面台の数を
増やすという選択肢も1つです。
 

2.洗面所をリフォームするときのポイント

洗面所を実際にリフォームする際にどのようなポイントに気を付けておけばいいのかをご紹介します。
・洗面所の使用目的を考える
洗面所のリフォームを行うときは、洗面所としてだけ使用するのか、脱衣所としての機能を持たせて、洗面脱衣所にするのか
使用目的を考えてみましょう。現在洗面所と脱衣所が2部屋に分かれている場合、1部屋にするかどうかを検討してもいいかもしれません。
・洗面台のタイプを選ぶ(システムタイプかユニットタイプか)
洗面所のリフォームで洗面台を交換する場合、洗面ボウルや洗面台を自分で選べるシステムタイプか、洗面ボウル、洗面台、照明、
収納などがセットになっているユニットタイプを選ぶことになります。どうしても気に入るデザインが無い場合は、工務店などに
オーダーメイドで依頼できる「造作」という選択肢もあります。
・収納スペースを考える
リフォームの際には、洗面所の収納スペースについても考えておきましょう。洗面所には歯ブラシ、タオルなど収納するものが
多くあります。収納スペースを考える際には、現在不満に思っている点を洗い出し、それらをリフォームで改善するように考えましょう。
・掃除しやすい商品に切り替える
洗面所は毎日使用するので、汚れやすい場所です。 洗面所の掃除の手間を楽にするためには、掃除がしやすい洗面台や洗面ボウルを
選ぶといいでしょう。
 
今回は洗面所リフォームの検討タイミングとリフォームの際に覚えておきたいポイントについてご紹介しました。
現在お使いの洗面設備にトラブルや不具合があったときは、リフォームを検討するタイミングです。ご紹介したリフォームの
ポイントを参考にして後悔しないリフォームにしてくださいね。