築年別!お家のメンテナンス計画【part2】

更新日:2020.08.02
カテゴリー:コラム

 

このページでは一軒家にお住まいの方のためにおうちのライフサイクルを通した

修繕・リフォーム計画をまとめています。各作業においてプロに頼んだ場合と

DIYの場合の価格相場の比較などもご案内しています。

 

 

毎10年で行うメンテナンス

10年目には大がかりなメンテナンスが重なりますが、屋根塗装と外壁塗装のように足場が必要な工事は同時に行う方が、
足場代(一回組むのに20万円程度)を節約できてお得です。他に足場を使う作業としてはバルコニーがある場合は防水シートの張り替え、
2階部分の雨樋や窓、雨戸の点検交換、太陽光発電の取り付けがあり、検討しているものがあれば一緒に依頼する方が安く済ませられます。
・屋根の塗装
対象:スレート、乾式洋瓦、トタン
費用目安:50~100万円
屋根材にスレート(カラーベスト、コロニアル)、乾式洋瓦(モニエル瓦)、トタンを使用している場合、
塗装の塗り直しで防水効果を保ちます。目安は10年ごとです。
屋根塗装の目安
足場代:約200,000円
塗装費用:5,000~8,000円/㎡
総計目安:50~100万円
塗装の料金はトタン、スレート、乾式洋瓦の順に高くなり、おおよそ屋根の大きさに比例して高くなる料金体系であることが多いです。
全体としては50万円から100万円の幅で見積もりが出されることが多いようです。
・外壁の塗装
費用目安:60~150万円
DIY:80,000円~
多くの外壁は雨風を防ぐために表面を塗装されています。塗料によって耐久性が異なりますが、これまでの主流だった
シリコン系で10年、少々グレードの落ちるウレタンで7年程度で塗装が落ちてきます。一方近年ではラジカル塗料やフッ素塗料、
無機塗料といった15年、20年の耐用年数が期待できるようなものもあります。価格が高くなったりカラーバリエーションが
少ないといったデメリットはありますが、10年ごとの塗り替えの手間とコストを考えるとお得と言えます。いずれの場合も時期を
逃さず塗装することが重要で、外壁材によっては塗装が剥がれたまま放置すると水を吸って爪で削れるほどにに脆くなり、
結局塗装では対応できず張り替えになりコストがかさむ場合もあります。
屋根塗装の目安
足場代:約200,000円
塗装費用:4,000~8,000円/㎡
総計目安:60~150万円
壁の塗り替えの価格は一律で足場代と、面積に応じた塗装代がかかります。敷地面積が広くなればなるほど高くなるのはもちろん、
階数が高い住宅となると足場代も少し加算されるため、より金額が上がります。モルタルの塗り壁などの場合、塗り替えはDIYでも
比較的簡単です。所要時間は半日程度、費用は一面あたり2万円程度から。2階建て程度であれば、吸い上げ式のローラーと、
ローラーの長さを延長できる継ぎ柄を使うと手軽です。なお、塗装の前には目立った亀裂がないことを確認します。
小さな亀裂(ヘアークラックと呼ばれる髪の毛の細さ程度のもの)であれば構造上問題ないことが多いのですが、構造から亀裂が
入っているようなものは適切な処置が必要になります。その際亀裂をきれいに隠しきるはやはりプロに頼るのが得策です。
一方ボード状のサイディングを使用しているときは、DIYよりもプロに頼む方がいい場合が多いです。サイディングは
それぞれの盤の間をシリコン剤でコーキングしてあります。このコーキング剤は10年程度でヒビわれなどが目立ってくるため、
全面的なコーキングの打ち替えが理想的です。5年目のコーキング点検と打ち替えの項でもご案内しましたが、
全面のコーキング打ち直しとなると足場を組む必要も生じるため、プロに頼む方が手軽と言えそうです。
・壁紙の張替え
費用目安:20万円
DIY:50,000円~
壁紙の汚れが目立ってきたりで張り替えをしたいと考えるのがこの時期です。
壁紙(クロス)張替え(6帖)
DIYキット:10,000円~
プロに頼む:40,000円~
おうちのリフォームの中でもDIYで行う方も増えてきた壁紙の張り替え。価格は職人に頼むよりも4分の1程度で済む場合が多いようです。
一部屋だけなら、面倒だし職人に頼んでしまおうとも思う程度の価格差かもしれませんが、一軒まるまるとなると例えば6帖間2部屋、
12帖リビング、トイレも含めて、全部で約20万円と結構な出費になります。これを5万円に抑えられるのであれば、
週末のアクティビティにして楽しみながら行うのもアリかもしれません。ホームセンターに行くのもいいですが、
ラインナップの多さはネットショップが勝ります。結露の多い古いマンションなどでは場合によっては壁紙が2~3年で
剥がれてきてしまうこともあります。そういう場合は調湿効果のある塗り壁に変えてみるのはどうでしょうか。
また塗り壁には消臭効果もあるため、室内でペットをお飼いのお宅やトイレなどお部屋のにおいが気になるという場合にもピッタリです。
塗り壁もDIYの商品が充実しており、小さめの部屋で一部屋2万円程度の材料費で済むようです。消石灰や火山灰などを原料とする漆喰と、
海底や湖底に植物プランクトンの死骸が堆積してできた珪藻土を素材とする商品が多くなっています。