トイレリフォームで選ぶ便器の色とは

更新日:2020.08.03
カテゴリー:コラム

 

トイレは家の中でも小さな空間ではありますが、毎日使うところなので、

リフォームするなら少しでも居心地がいい雰囲気にこだわりたいですよね。

トイレの雰囲気づくりには、便器の色使いもポイント。でも、そもそも

便器ってどんな色があるのか、どういう色を選べばいいのか考え始めると

意外と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、トイレの

リフォームで、便器の色選びに悩んでいる方に、人気の色や失敗しない

色選びのポイントについてご紹介します。

   

1.便器で使う色ごとの特徴は?

トイレは基本的には狭い空間になることが多い場所ですが、明るめの淡い色を使うことで、
狭くても圧迫感を感じさせ辛いというテクニックを使うと効果的です。このような色ごとの
特徴を抑えて、便器の色選びの参考にしてみましょう。
・ホワイト/ピュアホワイト 
現在、便器では最もよく使われている色です。清潔感があり、どんな色やインテリアにも
相性がよく、使いやすいという特徴があります。
・パステルアイボリー/オフホワイト/ブラウン
温もりのある暖かい印象の色として代表的な3色です。自然系のナチュラルテイストに
相性がよく、木目調などに合わせ易い色合いです。
・ピンク/パステルピンク
トイレの汚いイメージと対照的な色合いなので、特に女性に人気があります。好みが分かれて
使いづらい印象があるかもしれませんが、様々な色とも合わせやすくポピュラーな色です。
・ホワイトグレー/ブルーグレー
シックで大人な印象を持たせる色です。トーンが落ち着いた色合いと相性がよく、おしゃれな
雰囲気を演出したい時に使いやすい色です。
 

2.こんな人にはこの色がオススメ!

ご自身やご家族の生活スタイルに合わせて便器の色を選ぶのも一つのポイントになります。
・健康が気になる方なら・・・白系
例えば、健康が気になる方は、尿や便の色の変化をチェックしやすくする為に、ピュアホワイト
など白系の便器を使用すると良いでしょう。実際に介護や医療機関などでは、利用者さんや
患者さんの体調を確認するために、便器の色を白系にしているというケースがあります。
・掃除を楽にしたいなら・・・ベージュ系
トイレと言えば掃除。共働きで忙しくて、なかなかトイレを掃除する暇がないという方も
いらっしゃいますよね。そんなご家庭は、汚れが目立ちにくいアイボリー/オフホワイト
/ブラウンなどが向いているかもしれません。
・デザイン重視なら・・・パステルカラーがオススメ
デザイン性重視で、おしゃれにデザインを楽しみたい!という場合には、パステルピンクを
使うとかわいらしい空間になります。おしゃれなレストランなどでは、ホワイトグレーを
使ってリッチな雰囲気に演出している場合などもあります。
 

3.好きな色が便器で用意できない!そんな時は壁紙を利用しよう

便器と壁紙の色の相性については、色の系統を合わせると統一感が出るというのが、色合わせの
基本です。例えば、便器はアイボリー/オフホワイト/ブラウンにした場合、壁紙は薄目の
ブラウンなどを合わせると自然系で温かみのある雰囲気になります。ただ、好きな色はあっても、
その色を便器に使うのが良いのか迷っている場合や、使いたい便器の色が無い場合には、思い切って
自分の好きな色を壁紙にして、解決するというのも1つの方法です。自分の好きな色が壁紙には
使いづらいなという場合でも、色合いの発色を抑えたり、淡いトーンにしたりするだけで、バランスの
良い雰囲気にすることが出来ます。それでも、発色の濃い色や原色系が好きでどうしても使いたい
という時は、背面の壁紙だけにワンポイントのアクセントとして濃い色を使うなどして、便器は
シンプルな白系の色にするとまとまった雰囲気になります。
   
トイレのリフォーム、トイレの雰囲気づくりのポイントとなる便器の色。一言に便器の色
とは言っても、トイレをどんな風に使いたいかによって、様々な選択肢があるので、ご自身の
生活スタイルに合わせて優先順位を整理し、検討してくださいね。