省エネ基準最高峰の「パッシブハウス」を解説!【part1】

更新日:2020.07.09
カテゴリー:コラム

 

パッシブハウスは断熱・気密性を高めた建築で、冷暖房がほとんどいらないほどエネルギー効率が

高いことが特徴です。なんでも建物の省エネ基準としては最も厳しいといわれるパッシブハウス、

特殊な数値や基準で説明されることが多いこのパッシブハウス基準を、

建築の知識のない方にも分かりやすく解説しています。

 

 

1.パッシブハウスはとにかく快適

パッシブハウスとして認定されるにはさまざまな構造上の問題を解決してエネルギー効率を高めていきますが、
そもそもパッシブハウスの最大のメリットとはなんなのでしょうか。家全体のエネルギー効率が良いと省エネ、節電ということになり
経済的にお得であることは容易に想像がつくかと思いますが、なによりパッシブハウスが支持される理由はその心地よさだといいます。
ほぼ無暖房で過ごせる部屋の中の空気は住人の活動によって発散される熱といった限りなく自然な方法で温められます。
また高性能のフィルターを通した換気方法は外気の有害物質が家の中に侵入するのを防ぎます。
人間にとって必要不可欠な空気に「質」があるとすれば、家の中でまさに最高品質の空気を享受できるのが、このパッシブハウス仕様と言えます。
 

2.パッシブハウスの歴史

パッシブハウスという概念の発祥は、スウェーデンのルンド大学のアダムソン教授とドイツの
住環境研究所(Wolfgang Feist of the Institut für Wohnen und Umwelt)のファイスト博士との間で交わされた1988年の対話に
さかのぼります。幾重にわたる研究の末1990年には初代のパッシブハウス住宅を完成させ、その成果や知識はファイスト博士によって
1996年に設立されたパッシブハウス研究所(PHI/the Passive House Institute)を通して世界に広められています。
日本では2010年に始動した一般社団法人パッシブハウス・ジャパンなどが情報提供などを積極的に行いながら普及を促しています。
 

3.パッシブハウスの定義と基準、その効果

パッシブハウス研究所は以下で挙げるような基準を規定しており、その性能基準を満たせばパッシブハウスと認定されることになります。
建物の省エネルギー基準の中で最も厳しいとされるパッシブハウス基準ですが、その厳しさもありあくまで推奨基準にとどまっています。
つまり同基準に即さない住宅を建ててはいけないというものではなく、この基準を満たせばエネルギー効率という面で非常に効果が
高くなりますよという目安にできるもので、新築住宅やリフォームを計画する際は少しでも頭に入れておくといいというレベルです。
【パッシブハウスの基準】
冷暖房負荷が各15kwh/㎡以下
一次エネルギー消費量が120kWh/㎡以下
気密性能として50Paの加圧時の漏気回数0.6回以下
パッシブハウスとして認定を受けるには、上の3つの基準を満たしている必要があります。見慣れない指標のため感覚が
つかみにくいかとは思いますが、以下ではこの基準を達成するために具体的に採用される構造例を挙げています。
通常の住宅設計では考えもしないところまでカバーして初めて達成できるパッシブハウス基準の次元の高さが
お分かりいただけるのではないでしょうか。
・断熱材は最低でも30cm
外壁の断熱性能として0.15W/m2・K未満であることが求められます。これは断熱材の厚さにして30cm以上に相当し、
外壁や内壁の厚さを加えるとさらに40~50cmというスペースを必要とします。日本の住宅は壁の厚さが15cm程度といった建物が多く、
実に3倍程度の壁の厚さが必要となります。ただでさえ居住部の広さが限られている特に都市部の建物の場合は物質的な
ハードルが高い基準と言えるでしょう。
・換気は熱交換換気システムを使う
日本では聞きなれない熱交換換気システム(熱回収率75%以上のもの)という装置を標準装備することが求められます。
通常の換気扇は内外の空気が筒抜けになっており、使用したとたんに室温が外に逃げてしまいます。この熱交換換気システムは、
室内からの空気の温度を使って外から取り込む空気を温める(夏場であれば冷やす)ことで、換気による熱交換を最小限に抑えるものです。
・窓は3重、サッシにも断熱材
日本でも寒い地方では窓が二重になっていることがありますが、パッシブハウス基準レベルを達成するにはさらに、
間にアルゴンガスを充てんしたガラスを三重にする必要があります。またサッシにも断熱材を使用し、外気の侵入を防ぎます。
また3重窓であっても30cmの断熱を施した壁に比べると断熱性に欠けるため、窓の大きさも制限されます。
・バルコニーは避ける
断熱材を通貫して外部に通じるような部分(熱橋/ヒートブリッジ)がある構造は例え面積的にはわずかであっても熱は
どんどん逃げていきます。こうした構造を取る例としては窓の外にバルコニーを設けるような場合が挙げられます。
家の設計の際はバルコニー(ベランダ)を設置しないか、もしくは本体とは独立した構造を採用するといった方法を取る必要があります。
・給湯方法は省エネ仕様も考慮
パッシブハウス基準の一つに含まれる一次エネルギー消費量120kWh/㎡以下ですが、日本の住宅で多くの消費エネルギー比率を
占めている給湯のエネルギー消費を含めて達成しなければいけません。日本に比べてひと家庭当たりの給湯関連の
エネルギーが50~40%程度少ないドイツが発祥となっているパッシブハウス基準ですが、大きなバスタブに横たわる癒しを
あきらめてまでパッシブ基準にこだわるのは矛盾している、とお思いになる方は素直にその気持ちを設計士なり
ビルダーなりに相談することが、納得の家づくりへの近道と言えるでしょう。近年はエネファームや太陽熱温水器の価格も
低下してきており、省エネで費用対効果も高い機器の導入が、入浴とパッシブハウス基準、どちらのニーズも満たしてくれる可能性もあります。
【パッシブハウスのコスト】
ここではパッシブハウス基準を満たす家の価格・値段についてご案内します。本場のドイツでは標準住宅と比べて
5~8%程度初期費用が高くなるようです。一方日本では標準の断熱基準自体が甘いためパッシブハウス基準との差は
欧米に比べて大きくなっています。平均的に1~2割程度、使う断熱素材などによっては倍にまでなると言われる場合もあります。
【パッシブハウスの費用対効果】
パッシブハウス基準に適合するレベルの断熱性能を確保できれば、氷点下まで気温が下がるような地域でさえ暖房器具は
ほとんど必要なくなり、エネルギーコスト(電気代、灯油代等を含めて)に換算して最大10分の1程度まで低減できるといわれています。
先ほどパッシブハウスは日本の標準と比べて2~3割高くなるとご案内しましたが、この初期費用はランニングコストの大幅な
低減で相殺できる可能性が高いと言われます。例えば介護サービス施設として日本で初めてパッシブハウス(無暖房工法)を
取り入れた桜ハウスでは、自然な空調システムにより入居者に快適な空間を提供しながらも、5年で初期費用の償還を実現する予定だといいます。
【デメリットはデザイン面で大きい制限】
快適な空間を確保しながらも節電でよりお得な生活を実現できることを考えると、パッシブハウス仕様にすることによる初期費用の
増幅はもはやデメリットとは言えないかもしれません。一方で導入のハードルを高めている理由としてはデザインの自由度が格段に
下がることの方が大きそうです。外の景色を楽しむための窓は大きさは限られていますし、ベランダでさまざまな
アクティビティを楽しむこと(例えば日光浴をしながらの読書など)も現実的ではなくなります。