張り方で印象が変わるフローリングリフォーム

更新日:2020.06.22
カテゴリー:コラム

 

面積が大きく、部屋の印象を左右する床。無垢材を中心に床材にこだわる方も

増えていますが、どうせなら素材だけではなく、フローリングの張り方にも

こだわってみませんか?一方向に規則的に張る一般的な方法以外にも、いろ

いろなバリエーションがあります。ちょっと変わったフローリングの張り方で、

個性的な部屋づくりをしてみませんか?

   

1.いろいろな張り方の種類

・シンプルイズベスト!一般的な「定尺張り」
同じ寸法の床材を、一定の長さで交互にずらして張る方法を、「定尺張り」または
「りゃんこ張り」といいます。シンプルかつポピュラーな張り方で、部屋全体が
スッキリとした印象になります。
・独特のリズムが感じられる「乱尺張り」
異なる長さの床材を一定の方向にむかって張る方法を「乱尺張り」といい、こちらも
最もポピュラーな張り方のひとつです。尺が揃っていないことで、定尺張りとは一味
違うリズムが生まれます。また、同尺の床材を揃える必要がないので余りが出にくく、
コストカットにつながるというメリットもあります。
・向きを変えるだけで、ぐんとおしゃれな印象になる「斜め張り」
張る向きを変えただけなのに、一気にデザイン性が高まり、おしゃれに見える「斜め
張り」。ただし定尺張りや乱尺張りに比べると材の余りが出やすいので、材料費が
ちょっと上がってしまうかもしれません。
・人気上昇中!注目の「ヘリンボーン張り」
かつてヨーローッパで流行した「ヘリンボーン張り」。「矢羽張り」ともいいます。
ヴェルサイユ宮殿や、日本でも明治の洋館などに用いられていたということもあり、
クラシックで上品な印象の張り方です。最近は一般住宅でも人気が出てきており、
現代の住宅にも違和感なくマッチする張り方です。
・レトロでおしゃれな「市松張り」
ヘリンボーン張りと同じく「寄木張り」と呼ばれる手法の一種、「市松張り」です。
かつて小学校などの床に用いられていたことが多く、懐かしさを感じる方も多いのでは
ないでしょうか。住宅に取り入れると、ちょっとレトロでほっとする空間が生まれます。
・一風変わった「朝鮮張り」
朝鮮半島の民家や寺院などで用いられることが多かったそうです。一定の長さに揃えた
短い材を縦方向に並べその間を長い材が横切るという、独特の張り方です。これと似た
手法で、長い尺の材が横に入らず、短い尺の材を整然と並べる「すだれ張り」という
張り方もあります。
・朝鮮張りと似ている「すだれ張り」
同じ長さのフローリング材を巾方向の接合面をそろえて張る方法を「すだれ張り」といいます。
すだれ張りというと天井によくされる張り方ですが、この手法を床に応用した張り方です。
一見、朝鮮張りと似ていますが、違いは長尺材を入れない点です。
 

2.異なる張り方で空間をゾーニング

同一空間にある通路部分とキッチン部分を、フローリングの張り方で空間を分けても面白い
かもしれませんね。
 

3.異素材との組み合わせ

・畳とのコラボ
一定方向に張ったフローリングに、市松模様の畳を斜めに組み込んだ変則的なスタイル。
フローリング張りの部屋にいながら、畳の上でごろりと横になれます。部屋全体の色調が
明るめに統一されているので、違和感がありません。
・タイルとのコラボ
ヘリンボーン張りの床と、キッチンのタイル床が違和感なく調和しています。異なる素材で、
なおかつ両方とも柄に個性がありながら、色味を揃えることでまとまった印象になります。
   
フローリングはさまざまな張り方や組み合わせ方で、空間の印象が大きく変わります。色や
素材選びと合わせて、好みの張り方を見つけ、お気に入りの空間づくりを実現させましょう!