キッチン水栓リフォーム浄水器はビルトインタイプがおすすめ!

更新日:2020.06.13
カテゴリー:コラム

 

自宅でもおいしい水が飲みたい!そう思っている人は多いのではないでしょうか。新築あるいは

住宅リフォーム時に「キッチン浄水器」の設置を検討する人も多いようです。そこで今回は、水道水から

おいしい水がそのまま飲むことのできる浄水機能付き水栓(一体型・ビルトイン)の種類と特徴について

ご紹介します。

   

1.浄水器のしくみ

キッチンの水道に設置するだけでいい浄水器。そもそも浄水器とは、どのような仕組みになっているのでしょうか? 水をおいしく、清潔に
するという浄水器ですが、その目的は消毒に使われている次亜塩素酸やトリハロメタンなどの化合物を除去することです。これによって、
水はおいしくより清潔になります。 この化合物の除去には、一般的にフィルターと活性炭、逆浸透膜が使われています。最初に水道から
浄水器に水が流れてくると、フィルターによっておおまかなゴミが取り除かれます。フィルターの後には活性炭があります。活性炭の表面には
微細な孔があって、そこで次亜塩素酸などを吸着します。最後に水分子以外を通さない逆浸透膜に通すことで、細かなゴミなども全て
取り除きます。 これが、浄水器によって水がおいしく清潔になる主な仕組みです。
 

2.浄水器の種類

浄水器には、さまざまな用途に合わせて、さまざまな形状があります。
【水栓金具ではない浄水器】
水栓金具ではなく、持ち運びできるタイプが、ポット型(ピッチャー型)。浄水器本体を水栓(蛇口)に直接取り付けるのが蛇口直結型。
また、据え置き型(ホース取り付け型)は、据え置いたり、壁に設置して使用するものです。
【浄水機能を持つ水栓金具の種類】
浄水機能を持つ水栓としては、水栓一体型(カートリッジ内蔵型)と、ビルトイン型(アンダーシンク型)があります。新築やリフォームで
取り入れられるシステムキッチンに設定されている浄水水栓は、すっきりとしたキッチンとするために、これらのタイプが多くみられます。
・水栓一体型(カートリッジ内蔵型)
水栓金具の胴体などに小型のカートリッジが組み込まれたタイプ。 カートリッジ交換も比較的簡単です。
・ビルトイン型(アンダーシンク型)
キッチンカウンターの下に浄水器本体を取り付けるタイプ。新築やリフォームで多くみられるスタイルで、設置に関しては、専門的な工事が
必要です。カートリッジの容量が大きいため、たっぷりと使用すること
が可能です。
 

3.浄水機能を持つ水栓金具の形状

水栓一体型(カートリッジ内蔵型)と、ビルトイン型(アンダーシンク型)には、それぞれ、浄水専用水栓タイプ、湯水の混合水栓と
浄水機能を一体化させたタイプがあります。
・浄水専用水栓タイプ
通常の水とお湯を使用するキッチン混合水栓とは別に、浄水専用として設けるタイプ。水やお湯と同時に浄水が使うことが可能です。
・浄水機能を一体化させたタイプ
ひとつの水栓で、浄水、水、お湯を使い分けることができるタイプ。デザイン性の高い水栓金具も多くみられ、キッチンのアクセントにも
なります。シャワー水流やホースが伸びるハンドシャワーなどもあり、使い勝手も高まっています。
 

4.水栓一体型やビルトイン型を取り入れるメリット

水栓一体型やビルトイン型を取り入れるメリットは、水栓からの浄水なので、すぐに調理に使用できること、据え置き型に比べて、
キッチンカウンターなどのスペースがすっきりすること、ミネラルウォーターを購入しなくて済むため保存(収納)スペースを確保する
必要やゴミがでないこと、などが挙げられます。そのため、子育て中や共働きのご家庭でも人気のアイテムの1つになっています。
 

5.カートリッジの交換期間、交換方法など事前に確認しましょう

浄水器を使用する際に、忘れてはならないのがカートリッジを交換。表示されている期間内に必ず、交換することが大切でしょう。
水栓一体型やビルトイン型では、商品によって異なりますが、水栓金具の胴や台座部分などに、交換を知らせるサインが表示されるタイプも
みられます。交換の目安は、商品機種や使用する 地域、水量や水質などによって異なりますが、おおよその目安は、水栓一体型で
2~4カ月程度、ビルトイン型で1年くらいでしょう。
 
 
水に対しての関心は年々高まっています。市販のミネラルウォーターを購入される方も多いと思いますが、意外とコストがかかりゴミも
出てしまいます。環境にも優しい水栓一体型(カートリッジ内蔵型)は低コストで水道水から不純物を取り除きおいしい水に変えてくれます。
赤ちゃんにはもちろん、敏感肌やアレルギーをお持ちの方にもおすすめです。キッチンや、キッチン水栓リフォームの際は水栓一体型
(カートリッジ内蔵型)をご検討されてみてはいかがでしょうか。