外構リフォームでブロックを使用したい!種類やサイズについて

更新日:2020.06.05
カテゴリー:コラム

 

外構のリフォームをするときに、ブロックを使用するということもあると思います。

ブロックには一般的なものや、おしゃれな加工が施されている化粧ブロックなどが存在します。

また、サイズもいくつかあります。今回はそのブロックの種類やサイズについて解説します。

 

 

1.ブロックの種類

ブロックの種類には、大きく「普通ブロック」と「化粧ブロック」の2種類があります。
「普通ブロック」は、ホームセンターでもお手頃に購入できるタイプのブロックです。普通ブロック自体は無機質なものですが、
表面に石やタイルなどを用いることにより、アレンジし、デザイン性を出すことが出来ます。
「化粧ブロック」は、コンクリートブロックの1つで、様々なデザインが存在するブロックです。
化粧ブロックを、設置することによって、よりお家に個性を持たせることが出来ます。化粧ブロックには、大きく3種類あります。
・リブ系
コンクリートに様々な骨材を混ぜ、着色した最もスタンダードで普及しているタイプです。
表面を自然な仕上がりにすることが出来ます。ラインが入ったスタイリッシュなデザインです。
・綺麗系
多くの色やタイプがある、デザイン性豊かなタイプです。主に玄関周りに使われることが多いです。
・ブロック+α系
普通ブロック表面に、石やタイルが用いられたタイプです。こちらは、施工前から石やタイルが張られた状態の為、安定感があります。
主に、門回りに用いられることが多いです。
 

 

2.ブロックのサイズ

「CB100」や「CB120」といった表現がありますが、例えば、「CB100」の場合は、「CB」はコンクリートブロック、
「100」は、厚みが100㎜あることを指しています。「CB120」の場合は、コンクリートブロックの厚みが120mmあるもののことを指します。
最も主流なのは。基本型の「CB100」で、その他にも横型の「CB120」、隅型の「CB150」、横隅型の「CB190」などがあります。
これを踏まえて、用途に合わせた厚みのブロックを選択する必要があります。