床材選びの参考に!無垢材フローリング【バーチ(樺)編】

更新日:2020.06.08
カテゴリー:コラム

 

床は住まいの中でも視界に入る面積が大きいため、床の選び方ひとつで部屋のイメージがガラっと

変わります。その中でもバーチは、フローリング材として使われることの多い木材のひとつです。

バーチ材の見た目は、節が少なく、美しい木目と色を楽しめ、部屋全体をナチュラルで明るい印象に

できるという特徴があります。

   

1.バーチ(樺・カバ)とは

主に寒冷地に育つカバノキ科の樹木で、高さは30mほどにもなります。英語ではバーチ、日本語では「樺(かば)」と呼ばれていますが、
木材としての見た目と性質ががサクラと似ていることから、サクラの代用として使われ始ました。ですから、「カバザクラ」や「サクラ」と
呼ばれることもあります。主な産地は、カナダやアメリカで、主な用途は建築内装材、フローリング、敷居、ドアなどの建具材です。
 

2.バーチ(樺・カバ)の特徴

白樺の仲間で、硬い素材のため湿度による狂いが少ない木材です。広葉樹らしい重厚さと、緻密な肌質を持つ木材で、上品な雰囲気を
作りやすい特性を備えています。ほんのりピンクがかった色合いに付け加えて、比較的木目が薄く主張しないので綺麗で上品な空間に
仕上がります。体育館や幼稚園でよく使われていたりします。オークより少し優しい感じの空間になります。見た目が優れている割に
デメリットは少ない木材だと言われています。あえて言うならば、オーク同様に少し値段が高いのがデメリットです。また、パインや
杉ほどではありませんが柔らかいので足触りが温かい素材です。
・節が少なく、均一的な見た目を作りやすい
・薄い色で、上品で明るい空間を作ることができる
・耐久性に優れている
・反り返りや狂いが少ない
・肌ざわりが心地よい
   
無垢フローリングは、メンテナンスが必要だったり、木の膨張・収縮、比較的高価、傷がつきやすい…などのデメリットはありつつも、
素足に触れる天然木の心地よさや温かみは、何物にも代えがたい価値を持っています。無垢の木質感がかもしだす本物の魅力は、歳月を経て
深く変化していく色合いや味となっていくキズの、愛着をより深めてくれます。