夏を涼しく乗り切るエコリフォーム

更新日:2020.05.29
カテゴリー:コラム

 

近年の夏はとても暑いですよね。ですが、暑い日にエアコンの設定温度を下げ過ぎるのは

省エネの観点からオススメできません。また、エアコンに頼り切るのは体にも良くありません。

そこで今回は、エアコンに頼りすぎない、昔ながらの暑い夏を乗り切る方法と、

リフォームでできる工夫をご紹介します。

 

 

1.緑のカーテンや打ち水で昔ながらの涼をとる工夫を

毎年やってくる暑い夏。私たち日本人は、古くから涼をとる工夫をしてきました。例えば、打ち水。地面に水をまくと、
水が蒸発する時の気化熱の働きで涼しく感じることができます。窓辺に「よしず」や「すだれ」をかけて、日差しを遮ったり、
ツタなど緑のカーテンを窓辺にはわせて影を作るなどの工夫は、今すぐできて、効果を発揮します。
雨水を貯める「レインセラー」があれば、貯めた雨水を活用できるので、水道代を気にせずに打ち水ができます。
打ち水の時間帯は、地面が熱くなる前の朝方や夕方がオススメ。打ち水と一緒に、花や緑のカーテンに水やりをしましょう。
キュウリやトマトを一緒に育てれば、収穫して食べる楽しみもできて、一石二鳥です。
 

2.住まいに風の通り道をつくる

リフォームで、間取り変更を検討するときには風の通り道を確保することも大切。風は入口と出口をつくると家の中を通り抜け、
涼しさを運んでくれます。窓から窓へ風の道ができているかをプランチェック。風の通り道に間仕切り壁がある場合には、
「動く壁」に変更。天井までの高さのある引戸を間仕切り壁の代わりに使えば、日中は天井まで開け放して風を呼び込み、
夜は引戸を閉めて間仕切りとして使えます。また、ドアを閉めてしまうと、風が通らなくて、という悩みを持つ人は多いでしょう。
かといって玄関に近い部屋を開け放しでは防犯やプライバシーの問題があります。そこで活躍するのが、
細いスリット状の換気採光ルーバーがついたドア。指で押すだけでルーバーが開き、風を取り入れることができます。
換気ルーバーが上下分離されていて、風の量を調節できるのも便利です。
 

3.照明をLEDに変えると発熱量がダウン

省エネ効果や長寿命で知られるLEDですが、実は発熱量も少なく、赤外線をほぼ発しません。
蛍光灯とLEDは同じくらいの発熱量といわれています。今はほとんどの照明をLEDに変えることができます。
LEDに替えるだけでも涼しく感じられそうですね。