トイレリフォームのベストなタイミングとは?

更新日:2020.05.21
カテゴリー:コラム

 

ご自宅のトイレ。使えないわけではないけど、なんだか調子が悪い…

そんなことはありませんか?壊れているわけではないので、リフォー

ムをするにも踏ん切りがつかないかもしれませんね。しかし、やはり

トイレにもリフォームが必要になる時期がきます!今回は、トイレの

寿命や交換時期のタイミングについてご紹介します。また、トイレの

寿命を長持ちさせるポイントについてもお話します!

   

1.トイレの寿命は何年?

トイレの多くは陶器でできています。陶器のお皿に寿命は無いですよね?陶器はとても
丈夫で劣化しにくいので、使おうと思えば100年以上は使えてしまいます。ではトイレ
の寿命はないのか?というと、残念ながら寿命は10~20年と言われています。これは、
トイレ本体ではなく、配管に使われているパッキンなどの消耗品の寿命です。古いまま
使うと水漏れなどにもつながります。他には、トイレにひびが入ってしまったときもト
イレの寿命。使い続けるとどんどん劣化しますので、10~20年と言わず、早めにリフォ
ームを検討しましょう。
 

2.トイレの交換時期のタイミングのサイン

トイレは毎日何度も使いますので、なかなかリフォームに踏み出せない人も多いです。
特に「使えている」なら尚更迷いますね。では、使っているトイレ、「快適に」使えて
いますか?もし、トイレを使うときに少しでも「不便だな」「嫌だな」「もっとこうだ
ったら」そんな気持ちになったら、それは交換時期のタイミングかもしれません。
また、具体的な交換のサインには以下のようなものがあります。
・水が流れにくい
配管の劣化などが原因で水が流れにくくなっている可能性があります。放置すると水が
溢れてしまう危険性もあるので、早めに業者に見てもらうべきです。
・水漏れする
パッキンの寿命によるものと、便器にひびが入っていることが主な原因です。どこから
水が漏れているかを確認しましょう。もし便器にひびが入っているなら、使い続けて悪化
する前に早めに業者に相談するのをおすすめします。
・汚れや臭いが落ちない
尿石のこびりつきや黒ずみなど、専用洗剤でも落ちない汚れは臭いの元になります。昔の
便器は目に見えない凹凸があり、汚れも付きやすいのです。目の粗いやすりなどでこびりつき
を落とすこともできますが、便器を傷つけてしまい、一時的にはきれいになっても、逆に汚れ
が付きやすくなってしまいます。最近の便器は、最新技術により汚れが付きにくい加工をして
あるものがほとんどで、自動お掃除機能が付いているものもあります。タンクレスなど凸凹の
少ないものが増えているので、掃除もしやすいというメリットがあります。リフォームする
ことで、一気に手のかからないトイレになるかもしれません。
・新しい機能が欲しい
ウォシュレットが付いていなかったり、付いていても水温や水圧の調整がしづらくなってきた
りしたときは「替え時」と言えるでしょう。トイレ洗浄の水が少量で済む節水タイプや除菌機能
など、新しい機能が付いたトイレが多く発売されています。タンクレスタイプは水をタンクに
ためずに流すので、家族が増えて連続して使いたいというときにも便利です。最近のトイレは
節水タイプのものが主流なので、光熱費の削減にも役立ちます。
・トイレ内をバリアフリーにして広く使いたい
和式トイレを使っていると、高齢の場合はひざが痛んで使いにくかったり、小さいお子さんも
怖がったりするので、洋式トイレにリフォームすることをおすすめします。洋式の場合、タンク
付きトイレは設置に広い面積を使います。車いすの利用や手すりを付けて広く使いたいという
ときには、タンクレストイレに交換するとスペースが広がります。
 

3.トイレの寿命を長持ちさせるポイントは?

「トイレの寿命=温水洗浄便座の寿命」とも言えるのではないでしょうか。ウォシュレット機能が
付いている温水洗浄便座は、温水を出す、便座を温める、乾燥、除菌といった機能を備えている
ものが多いです。温水洗浄便座は『家電』ですので、寿命は7~10年くらいと考えましょう。
特に温水洗浄便座は水回りで汚れも多いところで使うので、寿命は短くなりがちです。少しでも
寿命を伸ばすためには、こまめな手入れが大切。手入れといっても、汚れやすいノズルの掃除を
するなど簡単なことです。汚れていると負荷がかかりやすいので、余計なパワーを使ってしまい
ます。あとは、基本的には説明書をきちんと読み、正しい使い方をすることです。例えば、撥水
コートをしてある便器では、使うとコートに影響を及ぼす薬剤などがあります。汚れが落ちると
有名なメラミンスポンジが使用禁止のものも多いです。適切な手入れをこまめに行い、正しく
使って長持ちさせましょう!