床材選びの参考に!無垢材フローリング【栗(クリ)編】

更新日:2020.05.11
カテゴリー:コラム

 

栗(クリ)は、みなさまにもお馴染みの秋の味覚です。 実は食べて美味しく、木は無垢材として重宝されている

栗(クリ)です。主張が強すぎず、それでいて地味過ぎない、適度な個性があるというのが栗の魅力です。

英語ではチェスナットと呼ばれています。今回は、日本でも古くから使われてきた無垢材「栗(クリ)」をご紹介します。

 

無垢の床材にあこがれはあるけれど、「無垢は衝撃に弱い」とか「劣化しやすい」「メンテナンスが大変」なんて話を
よく耳にしますよね。それに、あまりにもナチュラル感が強すぎるのも、今ある家具との相性が心配・・・。そんな不安を
解消してくれるのが、栗=チェストナットの床材です。無垢ならではの素朴感がありつつも、地味過ぎず、木目の主張が
強すぎるわけでもなく・・・適度な温かみとナチュラル感を演出するのにもってこい!ということで、非常に人気の高い木材です。

 

1.栗(クリ)とは

栗の樹は、日本人にとっては身近でとてもなじみ深い広葉樹木です。 何といっても胡桃(クルミ)や桜(サクラ)やカエデ(メープル)と
同じように食用として親しまれてきました。栗は食材として、昔から栗御飯、栗ようかん、栗きんとん、栗の甘露煮など、秋の味覚として
誰もが知っている樹の実の代表だとも言えます。
 

2.栗(クリ)の特徴

・とっても強いんです!
クリは、非常に堅く耐久性があり、水に対しても強いため腐食しにくい木材です。 昔から日本では家の土台や大黒柱など、強度が必要な箇所の
材料として使われてきました。 以前は線路の枕木としても使われていたことがあるそうです。無垢フローリングの使用を考えている方の
中には、キズを心配する方もいらっしゃいますが、クリは堅い材質のためキズもつきにくく、非常に長持ちする木材です。
・美しさも兼ね備えています
クリは経年での色が美しく変化していきます。 「来年はどんな色になってるかな?」なんて、楽しみになっちゃいそうな無垢材です。木目も
美しいことから、人目に触れやすい無垢フローリングにはピッタリです。
・水回りにもオススメ
栗は、タンニンを多く含んでいることもあり、様々な建材の中で最も腐りにくいと言われています。また、タンニンには防虫効果もあるため、
シロアリなどの被害を避けることができます。トイレや洗面所、お風呂など、「木材を使うのはちょっと…」と躊躇してしまうお部屋にも、
暖かい木の温もりを取り入れてみてはいかがですか?
 

「“やり過ぎない(わざとらしくない、という意味で)ナチュラル感”を取り入れたい!」「日々のメンテナンスが楽な床材を選びたい」
という方には、断然、栗がオススメです。ちなみに、「クリ」は「苦離」に通じ、苦しみから離れることのできる縁起のいい木と言われて
います。 ぜひご検討ください。