中古物件+リフォームはお得?物件選びに失敗しないためのポイント

更新日:2020.04.24
カテゴリー:コラム

 

中古物件を購入して、思い通りにリフォームをする。コストを抑えながら希望通りの住まいを

手に入れるには有効な手段の一つです。そんな中古物件のリフォームで失敗しないために気を付けることは

何でしょうか?これまでの失敗例や対策方法をご紹介します。

 

 

1.中古物件をリフォームするメリットとは?

・自分の好きなデザインや間取りを実現できる
中古物件をリフォームすれば、自分の好きなデザインに設計できます。ライフスタイルに合わせた間取りにすることができるなど、
自由度の高さがメリットです。こだわりの空間を手に入れるなら、中古のフルリフォームは非常におすすめです。
とはいえ、マンションの場合は、管理規約があるので、事前に管理会社へリフォームが可能か確認をしましょう。
・新築よりも低コストで購入できる
中古物件は、新築物件よりリーズナブルな価格で手に入りやすいです。そのため、リフォーム費用を含めても、
新築を購入するより安く済むことがあります。中古物件を購入してフルリフォームすれば、
コストを抑えてながらも、綺麗な物件を手に入れることが可能です。
・最新の設備を設置できる
リフォームをする際は、自分の目的に合った最新の設備を導入できます。安全面に考慮した素材や設備にしたり、
使い勝手を重視してストレスの少ない設備にしたりすることが可能です。
・税負担を軽減できる可能性がある
住宅などの高価な買い物をする際に負担になってくるのが消費税です。住宅の金額が高額なほど、消費税の額も大きくなります。
ただし、売主が個人の場合でも、居住用の不動産に該当しない場合や、不動産会社などがリフォームをして販売する中古物件などは
税の対象になるので注意が必要です。そのほかにも「すまい給付金」などの中古物件を購入することで
受けられるお得な制度がたくさんあります。詳しくは、国土交通省のHPを参照ください。
 

2.中古物件リフォームの失敗例とは

・中古物件+リフォーム費用が予算を大幅に超えてしまった
リフォームにどれだけの費用がかかるかを調べずに高額な中古物件を購入してしまい、結果としてリフォームに当てられる予算が
なくなったというケースがあります。また、リフォームにこだわりすぎて、リフォーム費用が膨らみ、
予算をオーバーしてしまったといったケースも見受けられます。
・業者に意図が伝わらず、仕上がりに不満が残った
業者と感覚が合わなかったり、コミュニケーションが不足していたりすると、イメージと異なる仕上がりになってしまい、
後悔することが多いです。リフォームの際には、自分に合った業者選びと、納得いくまで話し合うことが大切です。
自分の目的や感覚を理解してくれる業者と、十分に相談を重ねてリフォーム案を組み立てましょう。
・中古物件の配管・下地がボロボロで工事費用がかさむ
中古物件は、見た目だけではわからない部分もたくさんあります。購入して、いざリフォームしようと壁や床を剥がしたら、
壁紙の裏や床下がカビだらけだったり、配管がボロボロだったりするというのはよくあります。その場合、修繕のための追加工事が発生し、
その分、リフォーム費用が余分にかかってしまう結果になります。特に、無人の期間が長い家は内部の劣化傾向が強いため要注意です。
・規約で変更・移動できない箇所があり希望通りにならなかった
マンションの場合、管理規約や構造上の理由でリフォームによる変更を加えられない箇所があります。
特に水回りの配管などは建物の構造上移動ができない場合があり、水回りのリフォームを断念せざるを得ないこともあります。
また、マンションの管理規約によっては、畳からフローリング材への変更を禁止していたりする場合があり、
こちらも結果としてリフォームを断念、またはリフォーム内容を変更せざるを得ない結果になってしまうことがあります。
 

3.失敗を防ぐために!中古物件リフォームの対策方法をご紹介

・リフォーム会社選びは慎重に
リフォームを成功させるうえで最も大事なのが、リフォーム会社選びといっても過言ではありません。
自分の感覚と合わない会社を選んでしまうと、イメージのすり合わせに苦労します。リフォーム会社によって得意不得意があるため、
こちらも歩み寄ることが大切ですが、まずは目的の工事を得意としている会社を見つけるのがおすすめです。
また、営業担当者の説明がわかりやすいか、親身に話を聞いてくれるかなどをチェックすることも大切です。
・物件を決める前にリフォームプランを考えておく
リフォームプランが明確になっていれば、中古物件選びの際にイメージや目的に合ったものを選べます。
さらに、物件購入前にリフォーム会社を決めておき、物件選びに協力してもらうのがおすすめです。
イメージのズレを防いで、想定外の失敗を回避できます。
・予算が足りない場合はリフォームを数回に分けてみる
せっかくリフォームするなら、思い切ってあれこれ工事したい!と思いがちです。しかし、理想を詰め込みすぎて予算を大幅に
オーバーしてしまうことはよくあります。一度にリフォームするのが難しければ、リフォームを数回に分けるのも一つの手段です。
リフォーム会社と相談しながら、段階を踏んで仕上げていくことで、リフォームの予算を抑えることができます。