洗面台の交換をしたい! リフォーム前に知っておきたいこと

更新日:2020.04.16
カテゴリー:コラム

 

洗面台の交換、リフォームを行うには、洗面台の種類や工事費を含めた交換費用など

さまざまなことを知っておかなくてはなりません。

そんな洗面台の交換に関する知識、費用についてご紹介いたします。

 

 

1.洗面台を交換する前に知っておきたい基礎知識

・洗面台とは?
洗面台、または洗面化粧台とは、陶器でできた流し台に蛇口が付いた、主に洗顔を目的とした設備のことです。
形状はさまざまで、鏡と小物を置く台が付いたものや収納スペースがたくさんあるもの、化粧しやすいように椅子が付いたものもあります。
・洗面台の交換目安はどれくらい?
一般的に、洗面台の陶器部分の交換はおよそ15~20年といわれています。扱いが悪いと10年、場合によっては5年でヒビが
入ってしまうということも。また特に洗面台まわりの不具合で最も多いのは、水栓部分といわれています。
蛇口タイプであれば交換で済みますが、シャワータイプの場合はホース部分に不具合が出た場合、シャワー部分まるごと交換となります。
・洗面台にはどんな種類があるのか
基本的な形状は変わりませんが、機能が異なります。三面鏡が付いたタイプ、蛇口がシャワーとなっているタイプ、
鏡を壁に取り付け、洗面台とセパレートになっているタイプなどです。また、化粧をしやすいカウンタータイプもあるようです。
さらに洗面台下部の収納スペースに、専用の電気温水器も設置できるタイプもあります。ネットで見たからと即決せず、
まずは実際にショールームなどで物の大きさや形状、機能をチェックしておくと良いでしょう。
・新しく取り付ける洗面台の大きさは大丈夫?
現在設置しているものと全く同じ大きさであれば問題ありませんが、リフォームする際は設置場所の広さ、
新しく取り付ける洗面台の大きさをチェックしておきましょう。つけおき洗いも対応した大型洗面器を採用したモデルを
設置したいと思っても、設置場所の広さを超えていては当然、置けません。また、洗面台のすぐ隣に洗濯機を置いている場合、
十分なスペースを確保できないと、洗濯機の揺れで洗面器とぶつかり故障の原因となります。洗面台の高さも重要です。
機能もデザインも気に入った上で新しく設置したのに、自分の使いやすい高さでないと大変使いにくく、損してしまいます。
特に2世帯住宅では各々、使いやすい高さや形状は変わります。近年では誰にでも使いやすく設計された
「ユニバーサルデザインタイプ」などもあります。どれほどの大きさ、どんな形状が良いか、しっかりと考えましょう。
・排水はどこから?
洗面台の排水は壁排水、床排水の2パターンあります。給水もまた床、壁の2パターンあり、組み合わせると合計4パターンになります。
給排水がどこから行われるかによって、洗面台の型も変わってきます。一般的に、壁よりも床からの給排水の方が値段は高くなります。
水の流れもチェックしておきましょう。
 

2.交換にかかる費用はどれくらいか

洗面台の交換にかかる総費用は、およそ20万円といわれています。これには、本体台に加え取り換え工事費、
廃棄費用、消費税が含まれています。それぞれの詳細をご紹介いたします。
・洗面台の価格
モデル、サイズ、給排水が壁か床か、などから大きく上下します。例えば、化粧鏡が別売りのシンプルなモデルはおよそ2万円、
鏡なども備えた基本的なモデルはおよそ7万円ほどです。6面鏡や収納スペース、デザインなどとことんこだわったモデルともなると、
約50万円を超えることもあります。
・交換工事にかかる費用
全体を取り換える工事費用は約3~5万円が相場といわれています。洗面台の一部分であれば、もっと抑えられるようです。
古い洗面台の引き取り費用は工事費用に含まれることがほとんどです。
・壁紙や床の交換も含めるともっと高くなる
洗面台本体のリフォームに併せ、壁紙や床の交換も同時に受け持つ業者もあるようです。
やはり水まわりなので、洗面台を外したらカビだらけだった、ということもあります。予算に余裕があれば、壁紙や床も交換してしまいましょう。