床材選びの参考に!無垢材フローリング【タモ編】

更新日:2020.04.17
カテゴリー:コラム

 

無垢フローリングとは「天然の木から採れる、一枚板のフローリング」のことを指します。

無垢フローリングの一番の魅力はその肌触りと質感です。

日常生活の中でもフローリングは一番肌にふれる場所です。

タモは、天然木の王者とも言えるほど、多くのメリットや魅力があり、たくさんの方に愛され続けています。

 

1.タモとは

もそもタモ材とは、モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹です。別名、ヤチダモやオオバトネリコなどと
呼ばれることもあります。日本に生息する樹種で、特に北海道や本州北中部付近に多くみられます。
他にも、ロシアや中国など、湿った山地に多く生息しており、非常に加工しやすいのが特徴です。
実にさまざまな用途で使われていて、家具やフローリングに使われる木材としても、王道とも言える樹種なのです。  

2.タモの特徴

・安定して均一な材
タモは、非常に高く大きく成長することで有名です。特に高い木では、最大30mにもなると言われ、
他の木を凌ぐ高さになります。そのため、森の中でも圧倒的な存在感を放っています。
幹の太さに至っては、80〜100cmにもなるため、均一で安定した素材を取ることが可能なのです。
・味のある木目
タモ材は、木目が比較的はっきりと現れます。木材の深いところまで木目が流れていることから、
根元から先端まで均一な木目が取れることも特徴の1つです。 しかも、まっすぐに伸びて木口も丸く、
大きな素材を取ることが可能です。そのため、一枚板を使ったダイニングテーブルなど、木目の美しさを存分に
味わえる家具作りにも向いていると言えるでしょう。
・美しい色
1つの木は、木の幹の方が辺材、中心部が心材と呼ばれます。タモの場合、辺材は淡く美しい白い色で、
芯材部分は少しくすんだ褐色をしています。 この、それぞれの色、また美しい白から褐色までのグラデーションが、
家具に一層深い味を与えてくれるのです。また、明るい色合いは、和風から洋風までマッチし、インテリアを選ばないという点も魅力です。
・折れずにたわむ弾力性
「タモ」という名前の由来は、「たわむ木」から来ているという説があります。それほどに、タモはなかなか折れずに
しなってたわむ性質があるのです。そのため、粘りがあり、非常に強靭であることから、さまざまな用途に用いられています。
家具やフローリングだけでなく、楽器や建築資材、車両材、スポーツではテニスのラケットや野球のバット、スキー板、
ボートのオール、ホッケーのスティックなどが代表的です。加工しやすい点も、これだけ多くのアイテムに用いられる理由なのでしょう。
・硬くて頑丈
タモ材は、弾力があるだけでなく硬い素材です。そのため、タモを使って作られた家具やフローリングは、
頑丈で長持ちすると言われています。
・滑らかな肌触り
タモ材は、比較的滑らかな肌触りをしているので、家具やフローリングにも最適です。
ただし、塗装の種類によっても肌触りが変わるようなので、実際に触ってから選ぶことも大切かもしれません。
・衝撃を吸収する
タモ材の衝撃吸収力は非常に強いです。たくさんの衝撃を受け止める必要のあるスポーツ用品に多く採用されている
ことからもわかるでしょう。家においては、タモを足元のフローリングに使うことで、足腰に負担をかけない優しい床が完成します。
 

木には、1つとして同じ柄のものはありません。
だからこそ「たかが木材選び」ではなく、長い付き合いになるような気持ちで木材を選んでみてくださいね。