床材選びの参考に!無垢材フローリング【ブラックチェリー編】

更新日:2020.03.28
カテゴリー:コラム

 

目に優しい木目を持ち、素足に心地よい滑らかさと柔らかさ、

上質の素材感を楽しめる「ブラックチェリー」。

時を重ねるごとに経年変化で色あいと輝きが濃く深まり、

なめらかでしっとりと優しい風合いを増すのが特徴です。

今回は、一つ上の上質感のある優しい輝きと、

存在感のある色合いを持つやさしい木目の「ブラックチェリー」をご紹介します。

   

1.ブラックチェリーとは

サクラ属の中のブラックチェリーは主に北米の北東部に生育する樹です。特に米国ペンシルバニア州に広がる
天然森林で多く見られます。幹が真っ直ぐに伸び、高さは15~30メートルほどにもなるので、
優美な趣の日本の山桜・ヤマザクラとは異なり、森の中で堂々とした雰囲気を漂わせています。
ブラックチェリーは木材としての優れた木質から、高級家具木材として古くから利用されてきました。
日本では山桜・ヤマザクラなどがサクラ材として使われていますが、アメリカンブラックチェリーは
北米産のサクラ材として世界的に有名です。樹に栄養分を運ぶ導管が散らばっている散孔材に近く、
木肌がなめらかで肌触りが良いという特徴を持っています。広葉樹・散孔材の仲間には、メープルや
バーチやシカモアなどがあり、どれとも木肌は滑らかで肌触りが良いとされています。優しい表情の木目を描き出し、
その色あいは時間が経つにつれ、赤みを帯びて深く濃く変化していきます。また、他の広葉樹に比べて
安定性が有るとも言われ、加工性に優れていることも高級家具材や上質感のある内装材として選ばれている理由のひとつです。
 

2.ブラックチェリーの特徴

自然の森で育つブラックチェリーは、同じ木から製材しても木目や色合いなどが1枚1枚それぞれ微妙に異なります。
木目と色味に表情があるブラックチェリーの個性を活かしたインテリアが演出できます。使うほどに風合いが増し、
よりいっそう愛着が深まっていきます。その風合いは、華やかに心地よい上質感のある優しい光沢と華やかな色合い。
滑らかな木肌に描き出される落ち着きある木目です。
・優しい風合い 表情豊かな木目と赤みを帯びた色あいは優しい風合いを醸し出します。
・なめらかな木肌 きめ細かな木肌は、なめらかで心地よい足触りを実現します。
・濃く深まる光沢 経年するごとに光沢と艶がゆっくりと深まっていきます。
 

木肌に現れる木目の表情が優しく、色あいが華やかなブラックチェリーの無垢フローリング。
木肌の艶は磨くほどに光沢を増し、時を重ねるごとに色あいと光沢は濃く深まっていきます。
その華やかな色あいと光沢でインテリアをラグジュアリーに彩ります。