壁紙は何色?色が与える心理効果【中性色系】

更新日:2020.03.14
カテゴリー:コラム

 

「暖かそう」「冷たそう」「楽しそう」「寂しそう」など、

人は色を見て何らかの感情を持ちます。色は、大きく分けると「暖色系」「寒色系」「中性色系」

「無彩色系」の4つに分類することができ、更に12色に分類することができます。

この刺激や感情のことを「色の特性」と呼んでいて、壁紙に色を使う時、この特性を上手く取り入れると、

より豊かなインテリア空間を演出できます。では今回は「中性色系」についてご紹介します。

   

暖色にも寒色にも属さない中性色には、「紫」や「緑」などがあります。
中間的な色(中性色)なので周辺の色によってイメージ効果は左右されます。

 

1.紫の壁紙

~心理効果~
・感情:高貴・気品・妖艶・神秘・優雅・怪しい・不安・ミステリアス
・空間に与える効果:上品・洗練・寒暖や広狭を感じにくい
神秘的、高貴などの印象を持つ紫。
日常生活とは、あまり関係がない色なので、紫をアクセントクロスに使うと、インテリアが一気に個性的な
雰囲気になります。紫のコートを来た人を見ると「高貴だな」と感じる一方で「下品だな」と感じてしまうこともあるように、
赤と青の両方の特性を持つ紫は、二面性を持っています。大変複雑な印象を持つ紫ですが、
洗練された印象や優雅な印象を演出したい時にぴったりです。また、より個性を発揮した、人とは違うインテリアを
作りたい時にもおすすめの色です。
 

2.緑の壁紙

~緑の心理効果~
・感情:安定・リラックス・バランス
・空間に与える効果:癒し・穏やか・くつろぎ
暖色にも寒色にも属さない緑は、季節を通じて使えるインテリアに最適な色です。
植物や自然を連想する色でもあるので、リラックスしたいリビングや寝室に向いており、心を落ち着かせ、
集中力を持続できるという意味で、勉強部屋や仕事部屋にも適しています。
床に家具、家の中にある大半の素材と相性が良い「緑」。緑と聞くと、植物や山などの自然を思い浮かべ
「リラックスできるインテリアにしたい時に使う色」と思ってしまいがちですが、緑の効果は、これだけではありません。
緑は、色による「暑さ・寒さ」「狭さ・広さ」の影響を受けにくいことが特徴なので年間を通して快適に感じる
寒色・暖色どちらとも合う(例:「緑と青」「緑と赤」など)といったメリットがあり、
カラーコーディネートがしやすい色の代表です。また、緑には「黄緑」と「緑」の2種類がありますが、
彩度・明度違いのどんな黄緑・緑でも、茶色の家具と合うので「この明るい緑に、この暗い茶色の家具は合うかしら?」
といったような組み合わせ方に悩むことが少ない万能カラーです。その為、壁の一面だけ色を変えるアクセントクロスに悩んだ時、
黄緑・緑を選定すると、失敗することがありません。