愛猫と快適に暮らすために【水飲み場・トイレ編】

更新日:2020.03.06
カテゴリー:コラム

 

猫を飼っているご家庭であれば、家族の一員である愛猫に、

いつまでも健康で快適に暮らしてほしいと考えますよね。

また、病気等の観点から、完全室内飼いというケースも増えてきています。

その場合、猫の生活スペースである家の中が、猫にとって快適でストレスのないものでなくてはなりません。

猫にとって快適であるためには、様々なポイントがあります。

運動不足を解消できるような場所が必要だったり、トイレや水の設置場所も工夫が必要だったり…。

加えて、一緒に暮らす人も快適でなくてはなりません。

人も猫も暮らしやすい家にするには具体的にどうすればいいのでしょうか?

今回は猫の水飲み場とトイレの場所について、どのような工夫をすれば人も猫も快適に暮らせるのかご紹介します。

 

 

1.猫と水飲み場、トイレの関係

猫はおしっこの病気になりやすい動物です。特に尿道が細いオスは膀胱炎や尿石症等になりやすい傾向にあります。
飼い主さんが気付いてあげないと、数日で死に至ることもある恐ろしい病気です。
ですが、なりやすいからといって予防ができないわけではありません。
おしっこの病気はその猫の体質でなりやすい場合もありますが、十分な水分補給と適度な排泄である程度防ぐことができます。
フードをpHコントロールできるものに変えるのもいいですね。十分な水分補給と適度な排泄については、
その2つの設置場所が特に重要になってきます。猫は寒いと動かなくなりますし、年をとると動くのが億劫になったりします。
ですので、水飲み場やトイレが寒い場所や猫があまり行かない場所にあると面倒がって水をあまり飲まなくなったり
おしっこを我慢するようになってしまいます。特にトイレは臭いが気になるということで、
廊下などの目立たない場所に設置する方も多いと思います。ですが、廊下は寒いですし、部屋の中で過ごす猫にとっては
わざわざ部屋を出る必要があり不便な場合が多いです。水飲み場もトイレも、猫がよくいる部屋に設置するのが望ましいでしょう。
猫の通り道に設置できればなお良いと思います。また、テレビの横など騒がしい場所に設置してしまうと、
猫が落ちつけず寄り付かなくなってしまうので、静かな場所に設置しましょう。
 

2.猫も人も快適に過ごすための工夫

水飲み場やトイレを、猫が主に過ごす部屋の中かつ静かなところに設置するのが理想ではありますが、
それを実現するのはなかなか難しいですよね。スペースがないとか、臭いが気になるとか、お手入れが大変など、
猫の快適さを優先すると人の快適さが損なわれてしまうこともあると思います。
特にトイレはそこそこ大きさもありますし設置場所に困ってしまいますよね。
そこで、トイレの設置場所に関して、猫も人も快適に過ごせるような工夫をご紹介します。
・収納スペースを有効活用
リビングの一角にある収納スペースの一番下の部分を50cmほど空けて、扉も切ってしまいます。
すると、左右と後ろと上を囲まれた静かで猫も落ち着けるトイレスペースになりますよね。
囲われているので臭いも気になりにくいです。また、囲われていながらも、リビングにあるので、
猫がトイレを使う様子もしっかり観察できて、健康管理もしっかりできます。
ただ、自分で扉を切ったりすると見栄えが悪くなったり、切り口で猫がケガをしてしまうことがあるので、
リフォーム会社等に頼むと良いでしょう。
・クロスをお手入れしやすいものに
トイレの周辺は汚れやすいですよね。猫の被毛についたおしっこが付いたり、砂をかいた前足で猫が壁に触れたりと、
何かと汚れます。ですので、トイレを設置した場所周辺はツルツルした掃除のしやすいクロスに変えるのがおすすめです。
お手入れがラクになるだけでなく、猫がうっかり引っ掻いてしまっても傷もつきにくいです。