床材選びの参考に!無垢材フローリング【クルミ編】

更新日:2020.03.09
カテゴリー:コラム

 

無垢材フローリング材には多くの種類がありますが、

今回は、触れた感触が心地よく、優しい風合いの「クルミ」についてご紹介します。

   

1.クルミとは

胡桃の木は、鬼胡桃(オニグルミ)というのが正式です。英語名をウォールナットといいます。
家具などに人気のある北米産のブラックウォールナットと同じクルミ科の木です。
胡桃は、北米産のブラックウォールナットよりも柔らかく、触れるとあたたみがあり、やさしく感じられます。
ブラックウォールナットより控えめな色で主張しすぎず、自然な色あいで、落ち着いた感じがします。
主に家具やフローリング、木の器や木彫など、幅広く使われています。
 

2.クルミの特徴

・表情豊か
胡桃の持ち味のひとつは、表情が豊かなところだと思います。濃い灰褐色の木もあれば、
茶褐色がかった明るい色の木もあり、様々な色をしています。木目の表情もいろいろで、木目が波打っていたり、
直線的な縞模様だったり様々です。印刷して木に似せた木目調のフローリングと違って、個体差が大きい胡桃は、
広い面積に使うと、いかにもほんものの木らしい表情が魅力です。
・狂いが少ない
木は反ったりねじれたりしますが、胡桃の木は、その狂いが少ないといわれています。柔らか過ぎず、硬すぎず、
適度な粘りもあります。そのため、切る、彫るなどの加工がしやすい木です。磨くと自然な光沢がでるので、仕上がりが良く、
木材として胡桃は優秀です。
・胡桃油
胡桃は、ナッツとして、また食用油としても利用されます。胡桃油は、食用以外にも、木材のメンテナンスにも使います。
胡桃油を布につけて塗ると、木の表面を保護し、自然なつやがでます。食用なので木の器など口をつける物の
メンテナンスにも安心して使えます。胡桃油は、食用油の中では乾きが早いので、使いやすいオイルの一つです。
速乾性が高いオイルは、胡桃油のほかに、エゴマ油があります。
 

3.身近な木

国産の胡桃は流通量が少なく、輸入材が多いようですが、胡桃の木は、日本各地で自生しています。
胡桃は、実を食べてもおいしい、木に触れても気持ちよい、身近な木のひとつです。主張しすぎない濃いめの色、
硬すぎず、柔らかすぎない材質、自然な光沢など、どれをとってもちょうど良い。
胡桃の魅力は、「ちょうど良い」ところなのだと思います。
天井や壁は、明るくて清潔感がある白い色が好みだけれど、フローリングは、家具やテーブルが映えるように、
少し濃い色にしたい、着色するのではなく、素材そのものの色をいかしたいという方に、胡桃の木はおすすめです。
古くから、食用として親しまれてきたクルミ。その硬い殻が家庭を守ってくれるとの思いから、
「家庭円満」の象徴として、お正月のおせち料理にも登場します。欧米では、結婚式にクルミを撒いて祝うこともあるようです。
広葉樹としては柔らかめの材質であり、衝撃を吸収してくれるため、とても快適な歩き心地をもたらします。