食器洗い乾燥機を後付けリフォーム

更新日:2020.02.22
カテゴリー:コラム

2月22日は「猫の日」です!
そして「食器洗い乾燥機の日」でもあることをご存じでしょうか?
「ふ(2)うふ(2)に(2)っこり(夫婦にっこり)」にかかっているそうです。
食器洗い乾燥機、せっかくなら導入するならビルトインがいいですよね。
実は後付けもできるんです。
今回は、ビルトイン食器洗い乾燥機の後付け工事を紹介しますね!

 

ビルトイン食器洗い乾燥機とは?

食器洗い乾燥機には、据置き型とビルトインタイプ型の2種類があります。

まず据置き型は、キッチンの天板に置くタイプです。
水栓を配置するだけで、工事いらずです。
お値段も大きさに合わせて、安いものでは3万円以下のものまであります。

そしてビルトインタイプは、キッチンの一部が食器洗い乾燥機になっているものです。
メリットは場所を取らないので、天板を広く使えます。
また据置き型に比べて、多くの食器や鍋類を収納出来ます。

このビルトインタイプ型を、後付けするとどうなるか説明していきますね。

 

1、どこに設置する?

まずはキッチンが、システムキッチンであることを確認しましょう。
システムキッチンは、シンク、コンロ、調理台が一体化して、上部が一枚の天板で繋がったものです。
システムキッチンと対になるのが「セクショナルキッチン」。
このタイプのキッチンは、そもそも取り付けができません。

システムキッチンであることが確認できたら、次は設置する場所を決めます。
設置可能箇所は2つ。
大切なのは寸法です。

・キャビネット→奥行65cm以上、幅(引き出し)41.5cm以上、高さ(床から)75cm以上
・シンク下→奥行65cm以上、内の奥行60cm、幅(開き戸)45cm以上、高さ(キッチン底からシンク下)47cm以上

この寸法が満たせたら、次はいよいよ設置工事です。

 

2、工事の手順は?

①キャビネットを取り外します。

②脚ユニットを設置し、食洗器を引き出せるようにします。

③給水管・排水管を設置し、接続します。

④電源のコンセントに接続します。

以上が工事手順になります。
所要時間は、およそ2~3時間です。
お住まいの状態によって変わりますが、1日あれば工事は完了します。

 

3、気になるお値段は?

食洗器本体の値段が、7万円~20万円ほどです。
取付工事費用が、3万円~6万円です。

とりあえず全部で10万円から、と見ておくのがいいでしょう。

 

まとめ

食洗機の需要は増えています。
人の手で洗うよりも衛生的で、上手に使えば水道代や電気代も節約できます。
なにより、家事の手間を省略できます。
忙しいみなさまのために、1つ検討してみてはいかがでしょうか?