愛猫と快適に暮らすために【窓辺編】

更新日:2020.02.28
カテゴリー:コラム

 

猫を飼っているご家庭であれば、家族の一員である愛猫に、

いつまでも健康で快適に暮らしてほしいと考えますよね。

また、病気等の観点から、完全室内飼いというケースも増えてきています。

その場合、猫の生活スペースである家の中が、猫にとって快適でストレスのないものでなくてはなりません。

猫にとって快適であるためには、様々なポイントがあります。

運動不足を解消できるような場所が必要だったり、トイレや水の設置場所も工夫が必要だったり…。

加えて、一緒に暮らす人も快適でなくてはなりません。

人も猫も暮らしやすい家にするには具体的にどうすればいいのでしょうか?

今回は窓辺について、どのような工夫をすれば人も猫も快適に暮らせるのかご紹介します。

 

 

1.猫にとって窓辺の何が重要なのか

猫を飼っている方なら、窓辺で外を眺めている愛猫の姿を何度も見たことがあるのではないでしょうか。
何故あんなにも熱心に窓の外を眺めているのでしょう。外に出たいのだろうか?と思われる方も多いと思いますが、
実は外に出たいから眺めているわけではないのです。猫は自分の縄張りの範囲内で十分満足して生きていける動物です。
その代わり、縄張り内のパトロールをしたがります。完全室内外の場合、猫の周りとは家の中全てです。
ですので、外から縄張りを脅かす外敵が入ってこないかを見張るために外を眺めているのです。
自分で見張ることで、今日も異常なし!と安心しているのですね。
そのため、猫にとって外の様子が見られないことはストレスになってしまいます。
また、猫は非常に好奇心が強い動物なので、縄張りのパトロール以外にも、風に揺れる木々や虫、鳥などをみて
楽しんでいるということもあります。いい刺激になったり、気分転換にもなっているのです。
つまり、窓辺は、猫にとってパトロールをしたりリラックスしたりと、とても重要な場所なのです。
そんな窓辺が、寒い等の理由で過ごしにくい場所では猫にとってストレスになるでしょう。
長時間いられるような場所にしてあげる必要があります。では、どんな工夫が必要なのでしょうか。次項でご紹介していきます。
 

2.猫にとって快適な窓辺とは

まず一番重要なのは、暖かく日当たりが良いことです。猫は日に当たることで、菌やウイルス、ダニなどの寄生虫が増えるのを
抑えてもいるからです。できるだけ、日の当たる窓辺に猫ベッドや毛布などをおいて過ごしやすい環境を整えてあげましょう。
また、よく日の当たる窓辺にキャットタワーを設置するのもおすすめです。高い位置から見下ろせるので、
猫のパトロール欲や好奇心もより満たされるでしょう。次に大切なのは窓の性能です。冬場の結露がひどい窓や、
隙間風が入り込むような寒い窓辺では、快適に過ごすことはできません。
特に被毛が濡れることを嫌う猫にとって結露はもってのほかです。
まず、結露を防ぐには、樹脂サッシに交換するのがもっとも効果的です。アルミサッシに比べてかなり結露しにくくなります。
サッシについては、こちら(窓リフォームしたい方必見!サッシの種類と特徴)の記事にも詳しく書いてありますので、良かったら読んでみてください。
続いて、寒さについては、ガラスを複層ガラスやトリプルガラスに交換するのが、最も効果的です。
これにより断熱性も上がりますし、外気の冷たい空気も入りにくくなります。
ガラスについてはこちら(窓リフォームしたい方必見!ガラスの種類と特徴)の記事にも詳しく書いてありますので、良かったら読んでみてください。
これら2点は猫だけでなく、人にとっても快適なリフォームとなりますよね。
愛猫との快適な生活のために、出来る範囲でやってみてください。