ウォークインクローゼットはあると便利?

更新日:2020.02.07
カテゴリー:コラム

 

収納力のあるウォークインクローゼットがあると、家の中もすっきりと片付きますよね。

荷物をたっぷりと収納できるウォークインクローゼットはリフォームでも作ることができます。

今回は暮らしが快適になるウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介します。

   

1.ウォークインクローゼットのメリット

・大きな荷物が入る
クローゼローゼットの大きさによっては入らない荷物ってありますよね。例えばスーツケースは旅行の準備など
頻繁に行う人にとってはクローゼットに入っていたほうが断然便利です。しかし、クローゼットに収まらない場合もあります。
そういったときに、ウォークインクローゼットがあると一緒に入れておけるため準備や片付けもスムーズに行うことができます。
ほかにもロングブーツやたまにしか使わないロングコートなど出すのが億劫で使わないものも、簡単に使用することができます。
大きさによってはシーズンではない寝具をしまったりという使い方もできるかもしれませんね。
・見た目がきれい
ウォークインクローゼットは絶対ほしい!という声はとても多いです。なんとなくの憧れでほしいという意見があるのが現実で、
それだけウォークインクローゼットというのは魅力的なものなのです。リフォームするなら部屋をすっきりさせたいというのは
皆さんが抱く意見で、それを叶えてくれるひとつの手段のひとつにウォークインクローゼットがあります。
扉付はもちろん、入り口から通路になっていることが多いので扉が無くても収納してあるものが全体的に見られることはありません。
・着替えができる
ウォークインクローゼットにするとその中で着替えをすることができます。使い方にもよりますが家族だとしても
着替えは誰にも見られたくないですよね。でも着替えなおしたり合わせたりその場でしたいという方もいます。
ここで注意しておきたいのは通路の確保です。着替えるのならほとんどの場合が通路兼着替え場所になります。
十分な通路の広さを確保しておくことをお勧めします。体格にもよりますが、80cmあると悠々着替えができると思います。
この他にも、家族の衣類が一箇所にまとめられたり、衣替えの必要がない、単純にウォークインクローゼットがあるって素敵!
といったメリットがありますが、大きく分類するとこの3つは大きなメリットだと思います。
 

2.ウォークインクローゼットのデメリット

・通路がもったいない
ウォークインクローゼットは通路が必要になります。十分なスペースを確保できる家ならともかく、
核家族化が進み狭小住宅に住む方も増えているのが現実です。そのなかでウォークインクローゼットの通路のために使うスペース
というのは貴重になってくる方も少なくないです。収納量や床面積によってはウォークインクローゼットにすることによって
窮屈な思いをする場合があります。
・電灯の増設
現在の照明の配置にもよりますが、ウォークインクローゼット専用の照明がないと暗すぎる場合があります。
その他にも、場合によってはコンセント増設、照明器具代など新しくかかるコストが増えてくるかもしれません。
・風通し問題
ウォークインクローゼットには多くの衣類を収納します。狭い空間で窓が無い場合やエアコンが取り付けてない場合がほとんどです。
そのため風通しが悪く、カビが発生しやすい環境になってしまいます。