キッチンメーカー徹底比較!【LIXIL編】

更新日:2020.01.10
カテゴリー:コラム

 

システムキッチンは様々なメーカーから豊富な商品が販売されているので、

リフォームや新築を建てる際に、どのメーカーのシステムキッチンがいいのか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

過去の記事でもいくつかのシステムキッチンをご紹介してきましたが、

今回は各メーカーを比較しやすいように、商品ごとではなく、メーカーごとに特徴をご紹介します。

リクシル・パナソニック・タカラ・クリナップ・トクラス・TOTO・ウッドワン・

サンワ・ハウステック・ノーリツ・トーヨーキッチンのうち、

この記事ではリクシルのシステムキッチンについて特徴を解説していきます。

ぜひキッチンを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

1.主な特徴

意匠性のある物からシンプルな物まで、デザインに偏りがなく、どんなライフスタイルやお部屋にも自然になじむのが、
リクシルのシステムキッチン。価格がリーズナブルであることも大きな強みです。
主力商品は「リシェル」、「アレスタ」、「シエラ」の3種類で、リシェルはさらに「リシェルSI」と「リシェルPLAT」の2種類に分かれます。
価格帯はリシェルSIが81~212万円、リシェルPLATが113~166万円、アレスタが67~140万円、シエラが50~75万円となっています。

 

2.機能と設備

・セラミックトップ
最新のセラミック技術から生まれたワークトップです。
高温のフライパンや鍋を直接置いても、変色や変形が起こりにくい素材です(※安全のため鍋敷の使用をおすすめします)。
また、表面硬度が高く、金属などでこすってもキズが付きにくく、調味料や薬品などが染みこみにくいので、軽く拭くだけでお手入れできます。
耐衝撃性にも配慮っされており、万一高いところから物を落としても、割れにくい安心設計です。リシェルSIに対応しています。
・Wサポートシンク

調理と後片付けをWでサポート。2段のレーンと2種類のプレートを組み合わせることで、
下ごしらえや調理、後片付けの効率アップを実現します。まわりが汚れやすい作業も、シンク内で気軽に行えるようになっています。
そして、作業はシンク内で完結するので、お掃除はシンク内を洗い流すだけ。
中段のプレートを活用すれば、パスタ鍋など大きな道具もラクな姿勢で洗えます。
また、シンクの底面は傾きが左右の両端に行くほど大きくなる新形状。
水が広がりにくく段差へ向かってスムーズに流れるためシンク内のどこからでも効率よく排水できます。
ナイアガラフロー方式により、従来シンクに比べて水流が広がりにくく、水が直線的に流れます。リシェルSIとアレスタに対応しています。
・ハンズフリー水栓
吐水口に内蔵されたセンサーが物や手の位置と動きを感知して、吐水も止水も自動で行ってくれます。
シンク作業がラクになって、節水もできる水栓です。下ごしらえ中のちょっとした洗い物も、
差し出すだけで手早く洗えるから、調理のリズムをくずしません。
また、意識せずに水を出し止めできるので、大幅な節水を手間なく実現できます。
連続で吐水したい時は上部センサーに手かざし。蛇口を捻るなどの動作も省けるので、水栓まわりが汚れづらく、キレイを長く保つことができます。
シャワーはワイドで洗浄力もあるので、大きな皿や調理器具も素早く水洗いでき、後片付けが段取りよく進みます。
リシェルSI、アレスタ、シエラに対応しています。
・らくパッと収納
ほしい道具が最小限の動きで取り出せ、軽く開いてたっぷりしまえるらくパッと収納。
「ヒューマン・フィット・テクノロジー」から生まれたキッチン収納が、作業をやさしくサポートしてくれます。
重いものを収納しても軽い力で開くように、テコの原理を応用した引出しになっています。
中はよく使うものほど取り出しやすい立体構造に。デッドスペースを最小限にしているため、大容量を実現。
重ね置きが減らせるので、出し入れもスムーズにできます。
ロングスライド引出しで、奥行きいっぱいまで収納できるようになっており、奥にしまったものもスムーズに取り出せます。
リシェルSIに対応しています。(※ヒューマン・フィット・テクノロジー:人によりそうようにやさしく機能する技術)
・くるりん排水口
普段通りに使うだけで、うず状の水流が排水口の汚れを洗浄してくれるので、排水口が汚れにくくお手入れがラクになります。
また、ゴミカゴは抗菌コーティング仕様になっており、ヌメリを抑制してくれるため、ゴミカゴのお手入れも簡単です。
(※抗菌コーティング仕様のゴミカゴは、ヌメリを抑制するもので清掃不要になるものではありません。
使用・環境条件(ゴミ・室温等)によって、効果が異なります。)
リシェルSI、アレスタ、シエラに対応しています。
・よごれんフード
汚れの原因になる油分を入り口でブロックします。
オイルスマッシャー機構がフード内への油の浸入を抑えてくれるため、面倒だったファンのお掃除が不要になりました。
オイルスマッシャー機構とは、高速回転するディスクが、吸い込んだ油煙を空気と油に分離することで、フード内への油の侵入を抑える仕組みです。
お手入れは、フードや整流板をサッと拭き、オイルトレーの油を拭き取って洗うだけでOK!
リシェルSI、アレスタ、シエラに対応しています。