琉球畳で和室をおしゃれにリフォーム

更新日:2019.11.17
カテゴリー:コラム

琉球畳とは七島イを使用した半畳の縁なし畳のことです。
七島イはもともと琉球で栽培されていたため、琉球畳と呼ばれるようになりました。
使い込んでいくほどに柔らかくなっていくのが特徴です。
リビングやダイニングの主役がフローリングになっても、
やはりどこかに畳を残しておきたいという方は多いのではないでしょうか。
今回は、洋間と並べても違和感がない、オシャレな琉球畳についてご紹介します。

1.カラーバリエーションが豊富
琉球畳は一般的な畳とは違い、カラーバリエーションが豊富なので、
和室空間を色鮮やかにもシックな雰囲気にもすることが可能です。
例えば優しい色合いのピンク色やオレンジ色のものもありますし、
畳縁もピンクの花柄のものなどもあるので、こだわり抜いて和室を作ることが出来ますよ。

2.歩きやすい
縁がないので畳の上を小さなお子様などもつまづくことがなく
歩行時の安全性が向上します。
また大人の方でも素足で畳の上を歩くのは気持ちが良いですよね。


3.敷き場所を選ばない
琉球畳は1枚が半畳サイズなので4枚敷いても2畳分の大きさです。
そのため空間設計を考える意味でも使い勝手のよいサイズです。



琉球畳はスタイリッシュでモダンなイメージですが、
もちろん直接座ったりゴロゴロしたり
畳ならではの使い勝手の良さも兼ね添えています。
丈夫さや手軽さにも注目して積極的に琉球畳を選んでみてはいかがでしょうか。