パントリーって人気だけど、必要?

更新日:2019.11.12
カテゴリー:コラム

昨今、キッチンのリフォームで人気が高まっているパントリーですが、
リフォーム後の満足度が高く是非検討して頂きたいものの一つにあげられます。
キッチンのそばに別室を設けて食品を貯蔵するのが主流ですが、
今回おすすめしたいのは、パントリー内に出入口を二つ設けて
玄関側からもキッチン側からも入れるようにするリフォームです。
この利点として、まず外で購入したものをすぐに収納できることです。
重たい食料品はもちろんですが、ウォーターサーバーなど宅配業者の方にも
玄関側からアクセスできることで運んでもらえることが可能です。
今回は更に使いやすくするためのポイントをお話します。

1.可動性のある棚を選ぶ
パントリー内に設置する棚は付け替えやすいものがいいでしょう。
収納スペースに置きたい物は食品や調理器具などライフスタイルによって
変化する可能性あるためです。

2.カウンターや机を作る
パントリー内のスペースを広くとることが出来るなら、作業スペースとしてカウンターや
机も一緒に付けてしまうのもおすすめです。
整理整頓や沢山の食材などをしまうときに重宝します。

3.換気できるよう工夫する
主に食品を収納するため、においがこもりがちです。
湿気が多いとカビの原因にもなってしまいます。窓を付けるなど工夫が必要です。

 

収納スペースが増えることによって、キッチンも広々使えます。
パントリー内の壁に沿って棚が設置されているので、キャビネットや食品ストッカーと比較して
何があるのか一目で把握できます。
収納スペースを使う上で大切になってくるのは目的と用途です。
物が少ない方や、食品のストックをあまり買わない方には必要ないこともあります。
逆に常温で保存できる食品を集めるのが好きな方には重宝します。