暮らしの「お悩み」を解消!【窓・ドア編】

更新日:2019.11.11
カテゴリー:コラム

 

家事をラクにしたり、快適な住環境をつくる設備・建材。

今回はそんな設備や建材に注目して、

いま住んでいる家についての「お悩み」を、

どのように解消すればよいかをご紹介します。

新築やリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【お悩み1】結露がヒドいし冬は寒い!

冬は窓が結露するからサッシのパッキンがカビだらけ…。隙間風も入ってきてメチャ寒い!
・マンションで窓の交換ができない場合は、リフォームで二重窓を設置すると、
結露はできず、冬でも暖気が逃げません。工事も半日で終わるような手軽なものなので、負担も少ないです。
・ガラスの間に特殊な金属膜を挟み込んだLow-E複層ガラスと、
アルミよりも断熱性の高い樹脂サッシを採用すれば、エアコンの効きが良くなります。
外が寒くても室内はぽかぽかで、窓際でも寒くありません。結露もかなり軽減されます。

【お悩み2】セキュリティーが不安です…

玄関ドアの鍵がかなり古いし、通り沿いに大きな窓がいくつかあるのでセキュリティーが不安です。
・玄関ドアはICチップが内蔵されたカードキーでセキュリティーを強化できます。
非常用の鍵穴が隠れた構造なのでピッキング対策にもなります。
・重厚なドアで二重ロックにすれば、長期の留守時は室内側のサムターンを取り外せるので安心です。
・ワンタッチで自動開閉する雨戸は寒い日や雨が降ってきたときなどに便利なうえに、防犯性もアップします。
・人が侵入できる大きな窓は、ガラスの間に防犯用の膜を挟んだ複層ガラスを採用すると、
外からクレセント金具が見えないため防犯性が高いです。
・掃き出し窓以外は、できるだけ小さな窓をたくさん設置すると、
光を取り入れながらも泥棒の侵入経路を少なくすることができます。

【お悩み3】開閉しにくく、音がウルサイ

ドアが重いから開け閉めの時に結構力がいるし、閉める度に「ウルサイ!」と言われます…。
・ソフトクローズの引き戸は、ゆっくりと閉まって音がしないし、開け閉めもスムーズです。
・玄関ドアはスライド式にしてカードキーを採用すれば、
荷物をたくさん持っていて手が塞がっているときなどでも開けやすいです。
・引き違い窓は引き手のレバーを下ろしてそのまま窓を開けられるので、施錠がラクです。

【お悩み4】家の中がいつも暗い…

うちの家は窓が少なくてあまり日が入りません。室内がいつも暗くて、かなり圧迫感があります。
・リビングからデッキにつながる窓は高さ2200mmの大きなものにすると、
昼は照明もいらないほど明るくなります。
・大きな窓が作れない場合はリビングや階段上に明り取りの天窓を設置するといいです。
プライバシーを確保しつつ、光が差し込みます。
・大きなガラス入りの玄関ドアは、明るくて快適です。玄関に窓が増えたかのよう。

【お悩み5】掃除しにくい場所がある

リビングや寝室などの割と高い位置に窓があって、脚立を使わないと掃除ができません。
・雨が汚れを洗い落とす光触媒機能をもつ窓を採用すると、汚れにくいのでお手入れの回数が激減します。

【お悩み6】外の音がウルサイ!

部屋にいても道行くクルマの音でテレビが聞こえないことがあります。何とかならないでしょうか…。
・リフォームで二重窓を取り付ければ、かなり外の音が聞こえなくなります。
部屋の中がすごく静かになります。