暮らしの「お悩み」を解消!【内装材編】

更新日:2019.11.08
カテゴリー:コラム

 

家事をラクにしたり、快適な住環境をつくる設備・建材。

今回はそんな設備や建材に注目して、

いま住んでいる家についての「お悩み」を、

どのように解消すればよいかをご紹介します。

新築やリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【お悩み1】壁や天井を変えてイメチェンしたい

壁や天井が汚れてきたので、今までと全く違う雰囲気にして部屋をイメージチェンジしたいです。
・和紙を使うと、照明の陰影が美しいです。
・壁と天井を膨張色である白に統一すると、部屋が一気に広く見えるようになります。
・天井を木目にして、壁をうぐいす色に変えると、とても落ち着いた雰囲気になります。

【お悩み2】床材がイマイチ気に入らない

床は白のフロアタイルで、冷たい感じがして味気ないです。もっとぬくもりのある雰囲気にしたいな。
・堅くて耐久性のある栗のむく材を床に採用すると、木目がとてもはっきり出て、
年月が経つにつれ色が濃くなり味わいが増していきます。
・紀州スギのむく材は柔らかいから傷がつきやすいですが、足触りがとてもいいです。
夏はサラッとして、冬は暖かさを感じます。
・白く塗装したむくの床材を使うと、ところどころ塗装が剥げたフレンチシャビーシックな仕上げで、
ヴィンテージ家具とも好相性です。

【お悩み3】湿気が多くてニオイも気になる

湿気が多くて室内がジメジメするし、部屋の中のニオイも気になります。室内環境を良くしたい!
・玄関に火山灰を使用したシラス壁を採用すれば、
消臭効果や調湿効果が期待でき、玄関のニオイや湿気が軽減します。
・普段から人が集まるリビングには漆喰を採用するといいかもしれません。
抗菌作用や空気の浄化作用があるため、部屋の空気がキレイになります。
・リビングや湿気の多い洗面室などに調湿効果のある珪藻土を採用すると、カビや結露の対策になります。

【お悩み4】収納が足りず散らかり放題

収納が足りなくていつも部屋が散らかっているし、どこに何が置いてあるのか分かりません!
・リビングそばに大きめの階段収納を作ると、邪魔になる掃除機や食材のストックをしまうのにぴったりです。
掃除機を充電できるように、中にコンセントを設置するものいいですね。
・収納家具を置かなくてもいいように、壁面収納やウォークインクローゼットを設置すると、
収納力は抜群で部屋を広々と使うことが出来ます。
・玄関横に土間収納を作ると、ベビーカーやガーデニング道具など、
何でも置けるし、ドアを閉めると見えないので重宝しています。

【お悩み5】掃除しても汚れが落ちない

壁や床が古いため掃除をしても汚れや傷が取れません。簡単な掃除で汚れが落ちるようにしたいです。
・子供が小さくて壁を汚す場合、汚れが落ちやすい機能性壁紙を採用するといいです。
ちょっとした汚れはふき拭き取ればキレイになるし、ソースなどシミになる汚れも、
中性洗剤をつけて拭けば落ちるから便利です。
・傷がつきにくくてワックスが不要の複合フローリングを採用すれば、
あまり掃除をしなくても、長くキレイな状態を保てます。

【お悩み6】ペットが汚すしよよく転ぶ…

うちの犬はおしっこやヨダレで床をすごく汚すし、勢いよく走っては転びます。困ったものです…。
・わんちゃんが転ばないよう、床材を吟味して、防滑シートを表面材に使用した複合フローリングを
採用するといいかもしれません。元気に走り回っても転ばないし、引っかき傷や汚れにも強いです。