デッドスペースを有効的にリノベーションしましょう

更新日:2019.11.24
カテゴリー:コラム
デッドスペースになりがちな階段下を
有効的に活用出来たらと感じている方は多いのではないでしょうか。
階段下は段差があるため、天井部分が斜めになっていて
部屋として利用するには難しいですが、
トイレや収納スペースとしてであれば十分利用可能です。
キッチン近くの階段であれば、パントリーとしても利用可能です。
他にもペットスペースとして利用される方も最近では増えてきています。
今回は階段下を収納として利用する際の注意点をまとめました。


1.階段の強度
階段は一日に何度も人が利用するので、
強度が低下しないよう気を付ける必要があります。

2.湿気対策
階段下には換気口が無いので
収納する物から発生した湿気によるカビが生えることがあります。
防湿性や調湿性の高い壁紙や床材を用いたり、
扉部分に隙間を設けて通気できるようにする工夫をしましょう。

3.照明を付ける
奥行きのある階段下をリフォームする際は、
照明を付けることによって中の物が見えやすくなるので
使い勝手が良くなります。

収納が少なくて困っている方や、
より使い勝手の良い収納スペースを確保したい方は
是非、一度ご相談してみてくださいね。