窓シャッターは必要?

更新日:2019.11.19
カテゴリー:コラム
日本の住宅には昔から木製の雨戸がついていました。
最近では、その代わりとして窓シャッター設置するケースが多いかと思います。
しかし、わたしたちの生活に本当に窓シャッターが必要なのかどうかをみていきましょう。
窓シャッターが必要と言われている理由 ・台風時に窓がガラスを守る
・窓からの空き巣対策
・断熱効果
・室内の明るさを調整する


窓シャッターが必要だと感じて設置して、閉めるのが面倒になって
日常的に開け閉めしなくなってしまったケースは多いです。
この場合、窓シャッターのメリットである防犯の向上の意味がなくなってしまうのです。
窓シャッターには手動と電動があり、このケースのほとんどの場合が
手動の窓シャッターを使用していたといわれているのです。


手動の窓シャッターは電動のものと比べると値段が安いですが、
窓を開けないと開け閉めが出来ないのです。
一方、電動であれば室内からボタン一つで開け閉めが可能です。


賛否両論ある窓シャッターですが、否定的な意見の要因としては
開け閉めの手間が掛かるということが大きいです。
近年では、本州でも台風被害が大きくなってきていますので、
今後さらに窓シャッターの必要性が高まるでしょう。
手間の掛からない電動タイプを是非推奨します。