暮らしの「お悩み」を解消!【エコ設備・その他編】

更新日:2019.11.15
カテゴリー:コラム

 

家事をラクにしたり、快適な住環境をつくる設備・建材。

今回はそんな設備や建材に注目して、

いま住んでいる家についての「お悩み」を、

どのように解消すればよいかをご紹介します。

新築やリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【お悩み1】エコ設備を導入するか迷っている

エコ設備は初期費用がかかるから、費用対効果や満足度が気になります。実際のところはどうなのでしょうか。
・ガス給湯器とガスコンロをオール電化に変えて、太陽光発電を導入すると、
月の光熱費が6000円程度で収まるようになるご家庭もあります。
また、初期費用はかかりますが、夏場は売電量が買電量を上回ることもありますし、
万が一のエネルギーを蓄えてくれる安心感と、エコを実施している満足感を得られます。
・いざというときのために蓄電池があると安心です。普段はお得な深夜電力の時間帯に電気を蓄え、
その蓄えた電気を電気料金の高い昼間に使うことで節約に役立てることも可能です。
・HEMSは部屋ごとの使用電力が分かるので、電気の消し忘れなどを発見できます。自然と節電意識が高まるのでおすすめです。
・ヒートポンプ式の電気給湯器は、深夜電力でお風呂のお湯が作れますし、災害時の貯水槽として使用できます。
・高効率給湯器は、1日のガス使用量が分かって便利ですし、年間のガス代がトータルで15%ほど削減できます。

【お悩み2】LED照明はどこが良かった?

電気代が高いのでLED照明に替えたいけど費用が気になります…。
・家の照明全部をLED照明に変更すると、毎月の電気代が1500円ほど安くなることもあるようです。
最近はLED照明の価格が下がっているので、その意味でもおすすめです。
間接照明でたくさん照明をつけてもあまり高くならないので、気兼ねなく使えます。
・LED照明にすると、電気代が安くなるし、寿命が長いから電球を取り替える頻度が減ります。
タイマー付きのリモコンや調光機能があるものもありますよ。

【お悩み3】床暖房の使い心地は?

余裕があれば床暖房にしたいのですが、本当に暖かいんでしょうか?
・床暖房はすぐに暖まりますし、部屋の隅々まで寒いところがなくなります。
冬場はエアコンの使用頻度が下がり、空気が乾燥しづらくなります。
・コストはかかりますが、床暖房のジワジワくる暖かさは一度体験したら病みつきになるそうです。
暖かさの質がエアコンなどとは違い、体に優しいです。
・床暖房は空気が汚れないし、ホコリがたちません。器具がないから、部屋を広く使えるのもいいですね。

【お悩み4】全館空調の効果はいかに?

・全館空調システムは、部屋の中の温度が一定になり、寒い場所がなくなるので快適です。
1台で冷房や暖房が使えるし、フィルターが1つなので、エアコンのように何台も掃除しなくていいからお手入れもラクです。
初期コストはかかりますが、音も小さいし、空気がいつもキレイです。
・全館空調システムは具体的な効果は分かりにくいですが、設置前と設置後では室内のニオイがなくなったりします。