ユニットバスメーカー徹底比較!【ハウステック編】

更新日:2019.10.10
カテゴリー:コラム

 

最近は様々なメーカーから、掃除のしやすさ・機能・デザインに

優れたユニットバス(システムバス)が販売されており、

浴室リフォームや新築を建てる際に迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

そこで人気のTOTO・LIXIL・タカラスタンダード・パナソニック・トクラス・

クリナップ・ハウステック・ノーリツ社のお風呂の特徴などを

わかりやすく比較・紹介します!今回はハウステック編です。



ハウステックは、キッチンや給湯器、浴室などの家庭用水まわり製品に特化しており、
信頼できるメーカーの一つです。保温性の高い「高断熱浴槽」や
節水力のある「エアインシャワー」など、TOTO社と同等のオプション機能を備えたユニットバスを展開しています。


特徴1.クリン軟水


シャワーから出るクリン軟水には、水の硬度成分が少ないので、石けんカスの発生を抑えます。
さらに石けんの洗浄成分を十分に発揮することができるので、キレイな状態が長続きします。
また、クリン軟水でお肌を洗うと石けんカスの発生を抑えるので、洗い上がりはしっとりすべすべになります。
加えて、シャンプーの洗浄力をうまく引き出すため、髪も地肌もしっかり洗えて、乾かすと指がスルッと通ります。
硬度の高い水に比べてクリン軟水は泡立ちも豊かです。敏感肌の人にやさしい純石けんも、泡立ち良く使えます。
さらに石けんやシャンプーの使用量を減らせるので、節約にもつながります。

特徴2.楽のび浴槽


浴槽のまたぎこみ高さが従来の浴槽より約6cm低い、約39cmに設定されており、
足を高く上げなくてすむので、バランスを保ちやすく安心して出入りできるようになっています。
また、またぎこみ高さが低いので、無理な姿勢をとらなくても、洗い場から掃除ができます。
浴槽底面と洗い場床との段差をもないので、足を自然に下ろしやすく姿勢が安定し、より安心な設計になっています。

特徴3.除菌楽すてヘアキャッチャー


古来より神社・仏閣の屋根や、銅鍋、貨幣など暮らしの中で使われている銅素材。
銅の優れた抗菌特性を活かし、ぬめり汚れや嫌な臭いが発生しやすい排水口内にも銅プレートが設置されています。
銅イオンが封水に溶け出し、ぬめりや嫌な臭いの原因菌を除菌してくれます。
また、排水の勢いだけで流れた髪をまとめられる作りになっているため、捨てるのも楽々です。

特徴4.温クリンフロア


温クリンフロアは足裏から奪われる熱が少ないので、ヒヤリ感が軽減。
冷たさを感じにくいフロアです。また、10年使用相当品でも、FRP素材の表面の劣化を抑えるから、
汚れ落ちの良さが長く続きます。

特徴5.2WAYタッチ水栓・クリンかるわざカウンター


フロイスに座った時に、使い勝手を考慮した水栓とカウンターの設計になっています。
ラクな動作で身体を洗えるのでとても便利です。水栓はワンタッチで操作できるようになっており、
無理な動作がなく、ラクにすばやくお湯の出し止めができ、大変便利です。節湯にもつながります。
カウンターは取り付け取り外しが簡単で、まる洗いができるようになっています。
軽いからラクに裏返して、裏側もラクラクまる洗い可能です。
お掃除しづらかった裏側も壁面もカウンター下も、気になるところすべてを簡単に
まる洗いできるのでとても清潔です。また、このカウンターを浴槽の上に置いて、
トレーとしても使うことができます。トレーにタブレット等を置いて、
半身浴しながら動画を見たり調べ物をしたり。
自分好みにバスタイムの過ごし方をひろげ、いろいろ楽しめるカウンターです。

以上がハウステックのユニットバスの特徴になります。今後も各社のユニットバスの特徴について記事を
更新していきますので、それらと比較して、ご家庭にぴったりのお風呂を見つけられたらいいですね。