ユニットバスメーカー徹底比較!【タカラスタンダード編】

更新日:2019.09.30
カテゴリー:コラム

最近は様々なメーカーから、掃除のしやすさ・機能・デザインに

優れたユニットバス(システムバス)が販売されており、

浴室リフォームや新築を建てる際に迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

そこで人気のTOTO・LIXIL・タカラスタンダード・パナソニック・トクラス・

クリナップ・ハウステック・ノーリツ社のお風呂の特徴などを

わかりやすく比較・紹介します!今回はタカラスタンダード編です。



「ホーロー」の代名詞的存在である、タカラスタンダード。
同社の上質なホーローは、ユニットバスでも贅沢に使われています。


特徴1.高級ホテルが認めた品質、鋳物ホーロー浴槽


金属にガラス質を焼き付けた、強く美しい鋳物ホーロー。金属がベースだからこそ、高い熱伝導性を持ち、
保温性もあるからこそ、熱を蓄え、全身を温かく包みこんでくれます。
素地の鉄が熱を吸収し、保温材が閉じ込めるので、浴槽自体があたたかくなります。
通常の浴槽(FRP浴槽)は、寒い冬は浴槽も冷たくなり、浴槽に触れるとヒヤっとします。
だから、浴槽にもたれて、くつろぐことを躊躇することも。ですが、鋳物ホーロー浴槽は、
浴槽自体が温かくなるので、触れてもあたたか。じんわり体を温めてくれるから、
いつまでも触れていたと思える浴槽です。また、浴槽裏の保温材(発砲ウレタン)の吹き付けを
通常より約3倍施した「高断熱浴槽」なので、保温力が高くお湯が冷めにくいため、
温かいだけではなく、追焚き回数が減り経済的です。

特徴2.震度6強相当の振動にも耐える頑丈な耐震構造


震度6強相当の地震にも耐えられる、頑丈な「耐震システムバス」へリフォームしたい方には、
タカラのお風呂が最適です。安定感抜群の「フレーム架台」が、浴室の重さをきちんと支えます。

特徴3.梁や柱があってもOK!浴室リフォームのあらゆるケースに対応できる

なお、同社は2.5cm刻みでオーダーメイド可能な「ぴったりサイズシステムバス」も売りにしています。
サイズ展開は、何と最大1,500通り!狭い浴室の壁をズラしてデッドスペースをなくすという
オリジナルの技術により、「浴室内に柱や梁があるけど、
ムダなスペースがない広々としたお風呂にしたい」というリフォームに適しています。

特徴4.お風呂掃除がラクに!「ホーロークリーン浴室パネル」

タカラスタンダードの浴室はは耐久性があるだけでなく、磁石としても使えるホーローが
壁材にも使用されており、マグネット付きのラックで自由に収納スペースを作れるというメリットもあります。
床にモノを置かないで済むので、お掃除もラクに。

以上がタカラスタンダードのユニットバスの特徴になります。今後も各社のユニットバスの特徴について記事を
更新していきますので、それらと比較して、ご家庭にぴったりのお風呂を見つけられたらいいですね。