リフォームの秋

更新日:2019.09.15
カテゴリー:コラム

夏の暑さが終わって清々しい空気になり、気力や体力も回復してくる頃です。好きな季節の人気ランキングでは「春」とトップを争います。 行楽の秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋 …
皆さんはどんな秋を楽しみますか。

暑くもなく寒くもない秋はリフォームに最適の季節です。今回は、外壁塗装や外構リフォームなど、秋におすすめしたいリフォームと、寒くなる前にやっておきたい断熱リフォームなどをご紹介します。

爽やかな秋晴れが続く季節は、家のリフォームに最適な環境です。リフォームする季節の人気ランキングも、「春」とならびトップ。 理由は、どちらも気候がよいからです。
リフォーム工事中は窓を開けられなかったり、逆にドアなど開けっ放しになることがあります。 換気や冷暖房ができない状態は、大変なストレス。 だから、暑い夏や寒い冬を避けるのですね。 気候がよければエアコンもいりませんし、外出するのも気になりません。 また職人さんにとっても作業しやすい季節です。

秋におすすめしたいリフォーム

水回り(浴室やキッチンなど)
家庭での日常生活において、水回りは一時たりとも欠かせないものですね。 工事中はそれが使えませんので、代わりの手段が必要になります。 短期間ですが、普段どおりの生活が送れません。 少しでも負担を減らすには、気候のよい時期の工事をお勧めします。
例えば浴室のリフォーム中は、銭湯などを利用することになります。 シャワーを使いたい夏には、工事を避けたいものですね。 冬の寒い時期は、せっかく温まったあとで体が冷えてしまいます。
またキッチンのリフォーム中は、お弁当を買ってくるか、外食になるでしょう。 食事ために外出することが多くなりますので、暑い夏・寒い冬は大変です。
水回りのリフォームは、気候のよい春か秋をお勧めします。

屋根や外壁、外構
これらの工事は、10日から2週間ほどかかる場合があります。 冷暖房できない状況になっても、秋であればストレスはありません。
また、塗装工事に最適な環境は、気温15~30度、湿度20~60%です。 カラっと晴れた秋は、塗装に最も適した季節だと言えます。
さらに、コンクリート打設にも秋は最適。 気温が高い夏は、セメントが急に固まるので「ヒビ割れ」を起こしやすく、 逆に冬は硬化が遅いことで起こる「ヒビ割れ」が発生します。 また凍結や結露があれば、施工自体ができません。
外回りのリフォームは、工事に最適な季節をお勧めします。

寒い冬が来る前に
冬の寒さ対策をお考えの方は、秋のうちに済ませておきましょう。 寒くなり始めたときに、その効果を実感できるはずです。
まずは断熱リフォーム。暖房した部屋から熱が逃げてしまうのは、窓などの開口部からです。 断熱性のある窓へのリフォームが、とても有効な断熱対策です。
また、浴室でのヒートショック対策もしておきたいものです。 入浴中の事故は、交通事故の4倍以上にのぼります。 転ばぬ先の杖はご高齢の方だけでなく、家族全員が快適な入浴を楽しめます。

秋はリフォームにオススメの季節です。 工事中を理由にご家族で外出し、思いっきり秋を満喫するのもいいかも??
秋を楽しむリフォームは、一年をとおし家族で季節を楽しめます。 ただ人気の季節なので、少し前から準備が必要かもしれません。

ご相談の際は、是非ご希望をお聞かせください。